【Jabra Elite 10 レビュー】Dolby Atomsに最適化された空間サウンド搭載|別次元の音質

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事では、Jabraから2023年10月12日に発売された最新型の完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 10」について紹介していきます。

Jabra Elite 10は「音質に特化」した最新の機能を搭載していて、「快適性と音質」を追求した高級イヤホンになります。普段利用はもちろん、テレワークやビジネスの場でも活躍できるため、ぜひイヤホン選びの参考にしてください。

Jabra Elite 10 とは
  • Dolby ヘッドトラッキングを備えた、最先端の空間サウンドを採用
    • 頭の動きに合わせてサウンドが追従する3Dオーディオ環境
    • 臨場感・躍動感あるサウンドを体感
  • 新型10mmスピーカー搭載でパワフルかつ鮮明なオーディオを実現
  • シリーズで最も強力なANC(アクティブノイズキャンセリング)
  • ノイズ抑制アルゴリズムでクリアな通話品質
  • イヤホン単体で6時間、ケース充電でさらに21時間使用可能
  • Bluetoothマルチポイント
    • 2台のデバイスに同時接続
Jabra(ジャブラ)
¥36,000 (2024/04/11 07:42時点 | Amazon調べ)
目次

Jabra Elite 10の基本性能

同時に発売されたElite Active 8と比較しながら基本性能を表にまとめています。

Jabra Elite 10は「快適さ」「臨場感」をコンセプトにしています。これまでのJabraイヤホンと比較して音質に特化した機能が搭載されており、音への没入感も非常に高いです(Dolby Atmos)。

マイク性能・強いノイズキャンセル性能とビジネスシーンでの利用も想定して設計しているため、仕事・プライベートと問わず汎用的に活躍するイヤホンとなります。

スクロールできます

Elite Active 8

Elite 10
カラー展開黒、キャラメル、
グレー、紺
ココア、クリーム
マットブラック、チタンブラック
サイズ
幅 x 高さ x 奥行き
本体
約 20 mm x 20 mm x 29 mm

充電ケース
約 25 mm x 47 mm x 66 mm
本体
約 20 mm x 19 mm x 29 mm

充電ケース
約 25 mm x 47 mm x 66 mm
重さイヤホン重量 (1 個当たり)
約 5 g

重量 (充電ケース)
約 46.4 g
イヤホン重量 (1 個当たり)
約 5.7 g

重量 (充電ケース)
約 45.9 g
IP等級イヤホン:IP68
充電ケース:IP54
イヤホン:IP57
充電ケース:IP54
バッテリー最長 56 時間(ANCオフ)
最長 32 時間(ANCオン)

※音楽再生時間 (イヤホンと充電ケース)
最長 36 時間(ANCオフ)
最長 27 時間(ANCオン)
※音楽再生時間 (イヤホンと充電ケース)
急速充電約 5 分の充電で最大 1 時間再生約 5 分の充電で最長約 1 時間再生
自動電源オン/オフイヤホンを充電ケースから取り出すと「ON」
未接続の状態が 15 分続いた場合、
または休止状態が 30 分続いた場合に「OFF」
イヤホンを充電ケースから取り出すと「ON」
未接続の状態が 15 分続いた場合、
または休止状態が 30 分続いた場合に「OFF」
ノイキャンアクティブノイズキャンセリング (ANC)
アダプティブハイブリッド ANC
アクティブノイズキャンセリング (ANC)
Jabra アドバンスト ANC™
空間オーディオDolby Audio Dolby ヘッドトラッキング
Dolby Atmos体験
片耳モード対応対応
スピーカーサイズ6mm10 mm
マイクマイク数6マイク数6
外部マイクは常に作動し、周囲の音に合わせ
内部マイクが自動的に作動
Bluetoothバージョン5.3バージョン5.3
ソフトウェアJabra Sound +Jabra Sound +
保証防塵・防水の 2 年保証
(Jabra Sound+ アプリでの登録が必要)
防塵・防水の 2 年保証
(Jabra Sound+ アプリでの登録が必要)
公式価格32,780円39,600円
購入する購入する
Elite Active 8 ・Elite 10比較

Jabra Elite 10の付属品

付属品をまとめています。イヤージェルは4サイズ同梱されているため、フィットするジェルを選べる幅が広くなています。

USB-C to USB-A充電ケーブルが付属していますが、ケースの充電はUSB-Cだけでなくワイヤレスパッドによる充電も可能です。

付属品
  • ‎充電ケース
  • イヤージェル4サイズ(S、M、L、XL 各1セット)
  • 保証書および説明書1式
  • USB-C to USB-A充電ケーブル 1本

Jabra Elite 10の特徴

Jabra Elite 10の特徴を紹介していきます。

Jabra Elite 10 とは
  • Dolby ヘッドトラッキングを備えた、最先端の空間サウンドを採用
    • 頭の動きに合わせてサウンドが追従する3Dオーディオ環境
    • 臨場感・躍動感あるサウンドを体感
  • 新型10mmスピーカー搭載でパワフルかつ鮮明なオーディオを実現
  • シリーズで最も強力なANC(アクティブノイズキャンセリング)
  • ノイズ抑制アルゴリズムでクリアな通話品質
  • イヤホン単体で6時間、ケース充電でさらに21時間使用可能
  • Bluetoothマルチポイント
    • 2台のデバイスに同時接続

Dolby ヘッドトラッキングを備えた、最先端の空間サウンドを採用

出典:Jabra公式

頭の動きに合わせて音が追従する3Dオーディオ環境を実現することで、従来の空間オーディオよりも更に音に没入することができるDolby Atmos体験を得ることができます。

Dolby atmosは、伝統的なサラウンドサウンドシステムに新たな次元を加える革新的な空間オーディオ技術です。従来の前後左右のサウンド配置に加えて、上方向へのサウンドの拡がりも実現し、「空から音が降ってくる」ような体験を提供します。この技術により、半球状の音場を作り出し、よりリアルで立体的なオーディオ体験が可能になります。これはまるで耳のための拡張現実(AR)のようなもので、映像や音楽、ゲームなど、あらゆるエンターテイメントコンテンツに没入できるようにします

Chat GPTより生成

新型10mmスピーカー搭載でパワフルかつ鮮明なオーディオを実現

スピーカーサイズの10mmはワイヤレスイヤホンの中では大きい部類になります。オーディオを鮮明かつクリアに、更にパワフルに再生してくれます。

デフォルトの設定では低音から高音域までバランスよく出力しますが、Jabraのスマートフォンアプリでイコライザーをカスタマイズすることで好みの音に編集することもできます。

シリーズで最も強力なANC(アクティブノイズキャンセリング)

出典:Jabra公式

Eliteシリーズの中で最も強力なANCが搭載されています。標準と比較してその差は2倍。

周りの音をほぼ完全にシャットアウトすることができるため、より音に集中しやすい環境をつくります。

Jabra アドバンスト ANC™ は、どんなに周囲が騒がしくても、完全に状況に合わせたサウンド体験を提供します。スキャンテクノロジーと内蔵の音漏れ検出機能により、機内の騒音でも、隣人のパーティーでも、突然の雷雨でも、周囲で聞こえる音に合わせて、自動的に強度を調整します。強力にノイズを遮断し、シャープなサウンドを届けます。

Jabra

ノイズ抑制アルゴリズムでクリアな通話品質

6つのマイクが搭載されていて、それぞれが周囲の雑音を識別、通話の声だけを拾います。

またノイズ抑制アルゴリズムが搭載されていて、周囲の音に合わせて自動的に有効になることで雑音が相手に伝わらないようにしています。

マイク機能が非常に高いこともあり、雑音をカットして自分の声だけを相手に届けることができるためビジネスシーンでも安心して使用することができます。

イヤホン単体で6時間、ケース充電でさらに21時間使用可能

音楽再生時間はイヤホン単体で6時間、ケース充電でさらに21時間使用可能です。フル充電で最大27時間音楽を楽しむことができます。

上記の時間はANC(アクティブノイズキャンセリング)をオンにしている時の時間ですが、ANCをオフにしたときの楽再生時間はイヤホン単体で8時間、ケース充電でさらに36時間使用可能になります。

ANCオフの時の音楽再生時間は驚異の42時間となり、毎日イヤホンを使う場合でも充電をする手間が大幅に減らすことができます。

参考:AirPods (第 2 世代) のバッテリー駆動時間は24時間です。

Jabra Elite 10 を使用した感想

Jarba Elite 10はコンセプト通り「音」「マイク性能」「ANC」の性能がとにかく高く、音に没入する感覚もあり満足のいく完成度となっています。

接続できるOSも選ばないため、ビジネスシーンではWindowsパソコンと接続、プライベートではiPhoneやMacOS使い分けることもできます。接続先の切り替えもスムーズで便利。

ただし、音質に特化している反面、運動やスポーツにはあまり向いていません。外出時やスポーツ時に音楽を楽しみたい場合はJabra Elite Avtive 8やJabra Elite Active 7 Proが向いています。

Jabra Elite 10を使用した感想

没入感のある音で映像や音楽の世界に入り込める

  • 音がクリアで立体的に感じる
  • マイク性能も高くビジネスシーンでも活躍してくれる
  • 強力なANC(アクティブノイズキャンセリング)で音に没入できる
  • 外観に高級感があり、所有欲を満たしてくれる

Jabra Elite 10 の良い点・悪い点

フラッグシップモデルだけあり性能には非常に満足しています。特に音質が突出していて、ここまで進化したのかと、万人におすすめしたくなります。

良い点
  • 空間オーディオ・Dolby Atmosで立体的かつ躍動感ある音を楽しめる
  • ビジネスシーン・プライベート両方で活躍できる
  • ANCがとにかく強力
  • バッテリー持ちが長い
悪い点
  • 高級イヤホンの部類であるため価格は高い
  • 汚れが少しつきやすい

Jabra Elite 10 レビューまとめ

Jabra Elite 10について紹介してきました。

Jabra Elite 10 レビューまとめ

最新機能搭載モデルかつ最高品質で音を楽しみたい方におすすめ

  • Dolby ヘッドトラッキングを備えた、最先端の空間サウンドを採用
    • 頭の動きに合わせてサウンドが追従する3Dオーディオ環境
    • 臨場感・躍動感あるサウンドを体感
  • 新型10mmスピーカー搭載でパワフルかつ鮮明なオーディオを実現
  • シリーズで最も強力なANC(アクティブノイズキャンセリング)
  • ノイズ抑制アルゴリズムでクリアな通話品質
  • イヤホン単体で6時間、ケース充電でさらに21時間使用可能
  • Bluetoothマルチポイント
    • 2台のデバイスに同時接続

Jabra Eliteシリーズのフラッグシップを名乗る名機だけあり、非常に完成度の高いイヤホンです。

最新技術で音を楽しみたい・ビジネスシーンで安心して利用できるイヤホンを探しているという人におすすめできるため、ぜひ検討してみてください。

Jabra(ジャブラ)
¥36,000 (2024/04/11 07:42時点 | Amazon調べ)
あわせて読みたい
【Jabra Elite 8 Active レビュー】完全防塵・完全防水、耐汗性能と耐久性に優れたイヤホン この記事では、Jabraから2023年10月12日に発売された最新型の完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 8 Active」について紹介していきます。 Jabra Elite 8 Activeは「音...
あわせて読みたい
【Jabra Elite 比較】Jabra 完全ワイヤレスイヤホンのおすすめモデルを比較【2024年最新】 Jabraはデンマークに本社のある企業(GNオーディオ)のオーディオブランドで、世界100か国以上で製品を販売している「補聴器および音響機器の製造販売」を行なっている...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次