【Jabra Elite 8 Active レビュー】完全防塵・完全防水、耐汗性能と耐久性に優れたイヤホン

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事では、Jabraから2023年10月12日に発売された最新型の完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 8 Active」について紹介していきます。

Jabra Elite 8 Activeは「音の品質」はもちろん、イヤホンとしての「耐久性」を高めた高級イヤホンになります。ぜひイヤホン選びの参考にしてください。

Jabra Elite Active 8とは?
  • 空間オーディオ搭載
    • Dolbyによる臨場感溢れるサウンド
  • 完全防塵・完全防水・耐汗性能と耐久性に優れている(IP68準拠)
  • アダプティブ ハイブリットANC(アクティブノイズキャンセリング)搭載
    • 風が強い場合でも、ノイズ除去レベルを自動調整
  • ロングバッテリー
    • イヤホン単体で8時間、ケース充電でさらに24時間使用可能
  • Bluetoothマルチポイント
    • 2台のデバイスに同時接続
Jabra(ジャブラ)
¥29,800 (2024/04/11 12:01時点 | Amazon調べ)
目次

Jabra Elite 8 Activeの基本性能

基本性能を表にまとめています。同時に発売されたElite 10と比較。

Jabra Elite Active 8は「音質」以外にも「タフさ」をコンセプトにしていて、これまでのイヤホンよりも外出先での利用に特化しています。

スクロールできます

Elite Active 8

Elite 10
カラー展開黒、キャラメル、
グレー、紺
ココア、クリーム
マットブラック、チタンブラック
サイズ
幅 x 高さ x 奥行き
本体
約 20 mm x 20 mm x 29 mm

充電ケース
約 25 mm x 47 mm x 66 mm
本体
約 20 mm x 19 mm x 29 mm

充電ケース
約 25 mm x 47 mm x 66 mm
重さイヤホン重量 (1 個当たり)
約 5 g

重量 (充電ケース)
約 46.4 g
イヤホン重量 (1 個当たり)
約 5.7 g

重量 (充電ケース)
約 45.9 g
IP等級イヤホン:IP68
充電ケース:IP54
イヤホン:IP57
充電ケース:IP54
バッテリー最長 56 時間(ANCオフ)
最長 32 時間(ANCオン)

※音楽再生時間 (イヤホンと充電ケース)
最長 36 時間(ANCオフ)
最長 27 時間(ANCオン)
※音楽再生時間 (イヤホンと充電ケース)
急速充電約 5 分の充電で最大 1 時間再生約 5 分の充電で最長約 1 時間再生
自動電源オン/オフイヤホンを充電ケースから取り出すと「ON」
未接続の状態が 15 分続いた場合、
または休止状態が 30 分続いた場合に「OFF」
イヤホンを充電ケースから取り出すと「ON」
未接続の状態が 15 分続いた場合、
または休止状態が 30 分続いた場合に「OFF」
ノイキャンアクティブノイズキャンセリング (ANC)
アダプティブハイブリッド ANC
アクティブノイズキャンセリング (ANC)
Jabra アドバンスト ANC™
空間オーディオDolby Audio Dolby ヘッドトラッキング
Dolby Atmos体験
片耳モード対応対応
スピーカーサイズ6mm10 mm
マイクマイク数6マイク数6
外部マイクは常に作動し、周囲の音に合わせ
内部マイクが自動的に作動
Bluetoothバージョン5.3バージョン5.3
ソフトウェアJabra Sound +Jabra Sound +
保証防塵・防水の 2 年保証
(Jabra Sound+ アプリでの登録が必要)
防塵・防水の 2 年保証
(Jabra Sound+ アプリでの登録が必要)
公式価格32,780円39,600円
購入する購入する
Elite Active 8 ・Elite 10比較

Jabra Elite 8 Activeの付属品

付属品一覧です。イヤホンを利用する上で最低限の内容になっています。

USB-C to USB-A充電ケーブルが付属していますが、ケースの充電はUSB-C(またはワイヤレスパッド)となります。

付属品
  • 充電ケース
  • 保証書および説明書1式
  • イヤージェル3サイズ(S、M、L 各1セット)
  • USB-C to USB-A充電ケーブル 1本

Jabra Elite 8 Activeの特徴

Jabra Elite 8 Activeの特徴を紹介していきます。

Jabra Elite Active 8とは?
  • 空間オーディオ搭載
    • Dolbyによる臨場感溢れるサウンド
  • 完全防塵・完全防水・耐汗性能と耐久性に優れている(IP68準拠)
  • アダプティブ ハイブリットANC(アクティブノイズキャンセリング)搭載
    • 風が強い場合でも、ノイズ除去レベルを自動調整
  • ロングバッテリー
    • イヤホン単体で8時間、ケース充電でさらに24時間使用可能
  • Bluetoothマルチポイント
    • 2台のデバイスに同時接続

空間オーディオ搭載

空間オーディオは立体音響とも呼ばれ、3次元的に音が聞こえるようになる技術です。

イヤホンをつけていても「イヤホン(耳の周り)」から音が聞こえるのではなく、イヤホンではない「周囲」から音が聞こえるように感じることができます。

全方向から音に包まれているような感覚

また、Dolby Audioは、360度の臨場感あふれるサウンドを体験することができるため、空間オーディオをより楽しむことができるようになります。

完全防塵・完全防水・耐汗性能と耐久性に優れている(IP68準拠)

完全ワイヤレスイヤホンでは珍しく、驚異のIP68準拠となります。

IP(International Protection/国際規格)規格で防塵・防水ともに最大の数値であり、粉塵や水没にも耐えることができます。

防振性能の等級による違い

耐水性能の等級による違い

スポーツやアクティビティ時に最適なイヤホンです。

アダプティブ ハイブリットANC(アクティブノイズキャンセリング)搭載

従来のJabraシリーズに搭載されている標準のANCと比較して1.6倍強力なANCを搭載しています。

電車の中や強風の中でもノイズを軽減してくれるため、より音楽に没入することができます。

ロングバッテリー

音楽再生時間はイヤホン単体で8時間、ケース充電でさらに24時間使用可能です。フル充電で最大32時間音楽を楽しむことができます。

上記の時間はANC(アクティブノイズキャンセリング)をオンにしている時の時間ですが、ANCをオフにしたときの楽再生時間はイヤホン単体で14時間、ケース充電でさらに42時間使用可能になります。

ANCオフの時の音楽再生時間は驚異の56時間となり、毎日イヤホンを使う場合でも充電をする手間が大幅に省くことができます。

参考:AirPods (第 2 世代) のバッテリー駆動時間は24時間です。

Jabra Elite 8 Active 使用した感想

特徴やスペックで紹介してきたように、Jabra Elite Active 8は「音」の品質が高く、「耐久性」はイヤホンではトップクラスとなります。

実際に使用しながらランニングやジムに通いましたが、壊れる心配は一切ありません。

Jabraがコンセプトとしている「タフさ」は確かに感じることができ、スポーツ時に音楽を聞きたい場合の相棒となりそうです。また汗にも強いため、夏など出勤するだけで汗をかいてしまうといった方にもおすすめできます。

反面、音楽に没入したいといった場合は音質に特化しているElite 10が向いています。

Jabra Elite 8 Activeを使用した感想

通勤・スポーツ・アクティビティ時にお供に

  • バランスの良い音で長時間でも疲れない
  • IP68と耐久性が高く、雨や汗でイヤホンを庇う手間は不要
  • 音質だけを求めているなら他のイヤホンがおすすめ
  • イヤホン自体に高級感は無い

Jabra Elite 8 Active の良い点・悪い点

簡単に良い点・悪い点を紹介していきます。完全ワイヤレスイヤホンとしては珍しいIP68準拠が最大の特徴です。

素材は光沢のない素材であるため、埃などの汚れがつきやすいのが難点です。

良い点
  • 空間オーディオ・Dolby Audioで躍動感ある音を楽しめる
  • 壊れる心配が少ないためどのようなシチュエーションでもがんがん使える
  • バッテリー持ちが長い
  • カラーが4色展開で色味もカラフル
悪い点
  • 皮脂汚れがつきやすい
  • 高級イヤホンの部類であるため価格は高い

Jabra Elite 8 Active レビューまとめ

Jabra Elite 8 Activeについて紹介してきました。

Jabra Elite Active 8 レビューまとめ

耐久性と音質を満たすイヤホンを求めている方におすすめ

  • 空間オーディオ搭載
    • Dolbyによる臨場感溢れるサウンド
  • 完全防塵・完全防水・耐汗性能と耐久性に優れている(IP68準拠)
  • アダプティブ ハイブリットANC(アクティブノイズキャンセリング)搭載
    • 風が強い場合でも、ノイズ除去レベルを自動調整
  • ロングバッテリー
    • イヤホン単体で8時間、ケース充電でさらに24時間使用可能
  • Bluetoothマルチポイント
    • 2台のデバイスに同時接続

高音質・高機能であることからイヤホンとしての価格は高いものの、Jabraの音質をハードな環境で楽しみたいという人にはおすすめできるため、ぜひ検討してみてください。

Jabra(ジャブラ)
¥29,800 (2024/04/11 12:01時点 | Amazon調べ)
あわせて読みたい
【Jabra Elite 10 レビュー】Dolby Atomsに最適化された空間サウンド搭載|別次元の音質 この記事では、Jabraから2023年10月12日に発売された最新型の完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 10」について紹介していきます。 Jabra Elite 10は「音質に特化」し...
あわせて読みたい
【Jabra Elite 比較】Jabra 完全ワイヤレスイヤホンのおすすめモデルを比較【2024年最新】 Jabraはデンマークに本社のある企業(GNオーディオ)のオーディオブランドで、世界100か国以上で製品を販売している「補聴器および音響機器の製造販売」を行なっている...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次