【デスクツアー】ITエンジニア兼ブロガーのデスク環境を紹介|2024年版

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

デスク環境を自分好みに構築していくと、仕事の効率化・性生産性向上につながり、加えて日常のパソコン作業も快適になります。

この記事では、テレワーク歴6年目に突入した副業ブロガーが普段から愛用しているデスク周りのガジェットを紹介していきます。

普段はインフラエンジニアとして上流工程に携わっています。月に数回(4回ほど)は出社しています。

昨年から利用しているお気に入りガジェット含め紹介していきます。記事を通して新しいアイテムの発見・デスク環境構築の参考になる部分があれば幸いです。

目次

デスク環境全体(デスク・チェア)

デスクは山善の電動昇降デスク(140cm×70cm)を使用しています。天板カラーはナチュラルウッドで購入していましたが、少し飽きてきたことから白のリメイクシートを貼って雰囲気を変えています。

大きめの天板ではありますが、仕事の効率化を求めるあまり27インチモニターを2台設置しているため少し手狭。

モニター2台体制で仕事は快適になりましたが、デスク上に会社貸与PCを設置できなくなったため、サイドデスクを横に置いてスペースを拡大しています。

オフィスチェアはエルゴヒューマンスマート。メッシュチェアの中では安価であり、コスパが高いです。床が傷つかないよう、サンワダイレクトのチェアマットをひいています。

山善 電動昇降デスク

デスクは山善の電動昇降デスクを使用、白のフレームとナチュラルウッドの天板です。

他のメーカーだとフレームと天板が別売りなところが多いですが、山善であればセットの価格となるため電動デスクの中ではコスパが高いです。

電動昇降デスクのメリットは1cm単位で高さを変更できることにあります。立ち姿勢で作業することができるようになるため、気分転換や集中力維持につながります。

山善 サイドワゴン

会社貸与PC(2台)、ipad、サブノートPC、小物などを置くためのスペース拡大用デスクです。色はなんでもよかったのですが、メインデスクのカラーチェンジに合わせて白を選んでいます。

PCやiPadは4in1ノートパソコンスタンドに縦置き。

キャスターや天板部分の見た目は安っぽいですが、作り自体はしっかりしているため、サイドデスクとしての役割を果たしてくれています。

モニター周辺

モニターは27インチを2台設置しているため、モニターの存在感が強いです。代わりに資料作成・議事録・打ち合わせと圧倒的な作業スペースで効率化につながっています。

Dell U2723QE(27インチモニター)

メインモニターはDell U2723QEです。設置はエルゴトロンモニターアームLXを使用して浮かしています。上部にはモニターライト(BenQ ScreenBar Halo)をひっかけ手元のデスク上の視認性・快適性をあげています。

モニターライトの上にはウェブカメラ(C920n)をひっかけ、web会議時に利用しています。

Dell Alienware 27 Gaming Monitor AW2723DF(27インチモニター)

サブモニターには27インチのゲーミングモニター(公式:ALIENWARE 27 ゲーミングモニター – AW2723DF)を設置しています。メインモニターと同じモニターを使用したいところではありますが、買い足すのは躊躇いゲーミングモニターを使用しています。

色の再現性(色域)はDell U2723QEの方が上になるため、資料作成や画像編集の使用は控えています。

会社貸与PCから2台の外付けモニターを接続しています。後述するMacBookAirM2では2画面出力はできません。

メインPC・周辺機器

メインPCはMac Book Air M2を利用しています。

重さは1.24Kg、13.6インチで普段利用・外に持ち出してもそこまで荷物にならず気に入っています。スペックも高く普段利用から動画編集、画像編集と快適な操作ができますが、2画面出力できないのがネックです。

デスクへの設置はbotaya パソコンスタンドの上に角度をつけて置いています。また拡張ハブにはSatechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1を使用しています。

Satechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1接続先

Marshall Middleton(スピーカー)

メインオーディオはMarshall Middletonです。デザイン・音質・接続性全てに満足しています。Bluetoothだけでなく、有線接続により高い解像度の音を聴くことができます。

有線ケーブルはMogami GOLD 3.5-3.5-03 ステレオオーディオパッチケーブルを使用。

あわせて読みたい
Marshall MIDDLETON レビュー|高音質かつ洗練されたデザインで日常を彩るポータブルスピーカー Marshall(マーシャル)から発売されているポータブルスピーカーMiddleton(ミドルトン)は、目を引くお洒落なデザインでありながら高音から低音までしっかりと出力しま...

Jabra Speak 750 UC(スピーカーフォン )

Web会議用にはJabraのスピーカーフォンを使用しています。ノイズキャンセル機能を搭載しているため、クリアな音質を聴く・伝えることができます。

イヤホンだと耳が疲れる、PC内蔵のスピーカーマイクだと音質が悪くノイズがのる、なども含め、テレワークではスピーカーフォンは必須のガジェットです。

MX MECHANICAL MINI for Mac (キーボード)

メインPCのMacを使って作業するときにはメカニカルキーボードであるMX KEYS miniを使用しています。

仕事用(Windows)にはMX KEYS mini KX700を使用。こちらでもMacと接続できますが、ON/OFF切り替えのために2台のキーボードを使い分けています。後は打鍵感の違いを楽しむためです。

MX MECHANICAL MINI for MacはUSキーボードかつタイピング感を得ることができます。MX KEYS mini KX700はパンタグラフに近い打鍵感なので、静音でノートPCのキーボードに近い打鍵感です。

どちらのキーボードもかなり気に入っています。

あわせて読みたい
【ロジクール KX850MSG MX MECHANICAL MINI for Mac レビュー】 US配列のメカニカルキーボード ロジクール KX850MSG MX MECHANICAL MINI for Macは、MacOSで利用できる数少ないUS配列のメカニカルキーボードになります。 本記事では、 KX850MSG MX MECHANICAL MINI...

MX Master 3S for Mac(マウス)

マウスにはMX Master 3S for Macを使用しています。適度な大きさであるため、長時間利用しても手首が疲れにくいことが特徴です。

また静音仕様であるため、web会議中にクリック音が邪魔になることもありません。マウスパッドにはRazer Sphex V3 – Sサイズ ゲーミングマウスパッド ハードタイプ を使用しています。

表面は非常に滑らかであり、裏面は粘着性のあるつくりになっています。

あわせて読みたい
【MX Master 3S for Mac レビュー】Apple製品と相性の良い静音高機能マウス|3Sとの違いも解説 ロジクールMX Master 3S for Macは、高機能・静音設計、デザイン性の高い高級マウスになります。 本記事では、通常版のMX Master 3Sとの比較も行いながら「MX Master 3S...

電源周り

充電器とケーブルはAnker・CIO製を使用しています。

CIOの充電器は本体サイズがAnkerよりもコンパクトであり、デザインもかなり気に入っています。ただしケーブルはAnkerの方が細い仕様です。

電源タップはエレコムです。デザイン・安全性・利便性を重視して日本製・雷ガード・ほこりシャッター機能・マグネット付きの製品を使用しています。

電源周り

2024年デスクツアーまとめ

2024年のデスク環境を紹介していきました。デスクツアーは2022年から記事にしていますが、毎年結構変えているなーというのは個人的な感想です。

快適な環境・お気に入りの環境に洗練されている感じはありますが、なによりお気に入りのガジェットに囲まれて仕事ができるのいうのも効率化や生産性向上につながるとも考えています。

本記事がデスク環境構築の参考になりますように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次