プロフィール

はじめまして、管理人の あおい です。

当サイト(AOILOG アオイログ)への訪問、及びプロフィールを見ていただきありがとうございます。

当サイトでは、ガジェット(レビュー)やリモートワークに関する有益な情報を発信していくことを目標としています。


この記事では、運営者について簡単に自己紹介をしています。

有益な情報にはならないかもしれませんが、運営者がどんな人かを知っていただけたらと思います。


AOILOGの中の人

AOILOGの中の人の経歴を中心に紹介していきます。

あまり面白い経歴ではありませんが、未経験でIT業界へ転職している、これまでの転職回数は2回、現在はインフラエンジニアとしてリモートワーク中心の生活を行っています。


簡単な経歴

簡単な経歴は以下になります。転職は2回で同じ会社に5年と働いたことがないですが、転職のたびに年収をあげることができています。

転職は新しい環境や仕事内容が変わることになるため、「怖い」「不安」などのイメージを持たれがちですが、転職=ステップアップにつながることは事実です。

  • 情報系の4年制大学卒業
  • 電機メーカーに就職(3年)
  • 独立系SIer企業へIT未経験で転職(4年)
  • 通信キャリアへ転職

情報系の大学から電気メーカーに就職はできましたが、仕事内容は電気関係であまり知識を活かせずにいました。というのも、当時は就職氷河期で希望のIT会社はすべて落ちたからです。

どうしてもIT系の仕事をしたかったのもあり、周りの反対意見や会社からのお願いも全て断り、独立系のIT企業へ転職をしました。未経験から大手のSIerに転職できたことは若さゆえのことだと思っていますが、入社後1年間は毎日終電近くまで仕事をしていて結構辛かったです。

SIer企業にはとても大きな恩はありますが、一生働けるような会社ではないと思ったので、より上流工程の仕事ができる通信キャリアへ転職を決意し、成功させることができました。

自分の学歴で通信キャリアで働けることは叶わないと思っていましたが、転職は夢がある行動というのを身をもって感じています。

仕事の内容(2022/2)

IT業界に従事しているSEで、インフラエンジニアとして働いています。

SE(システムエンジニア)のイメージはプログラム言語を使ってアプリケーションを作成するイメージを持つ方もいるとは思いますが、インフラエンジニアはそのアプリケーションやインターネットを使うための「基盤」を構築します。

用語で言うと以下のような技術を取り扱います。

  • ネットワーク
  • クラウド
  • セキュリティ
  • サーバ
  • システム移行


具体的な仕事内容は、以下のような感じですが、あくまで一例になります。5GやIoTなど技術の進歩に伴い、インフラエンジニアに求められることは多角的になってきています。

業界的にはリモートワーク(テレワーク)を推進している企業も多く、私の会社でも導入・推進しています。

そのため自宅で仕事をすることが多く、直近3ヶ月の比率としては、自宅:出社=9.5:0.5の割合になります。

▼インフラエンジニアの仕事内容

  • 社内ネットワーク(LAN)の設計・構築
  • WANの設計・構築、拠点間ネットワークの設計・構築
  • 日本と海外支店を暗号化通信で接続する
  • オンプレミスのシステム環境をクラウド上へ移行する。
  • テレワーク環境を企業に導入し、会社以外から安全に企業ネットワークへアクセスできるようにする


インフラエンジニアの働き方


業界的に「人手不足」は加速していて、かつ「インフラエンジニア」はその中でも人気がありまりない職種になります。

一般的にどんな仕事をしているのか知られていないことも多く、夜勤があることや休日出勤があることなど働きずらいといったイメージをもたれていることも多いです。

実際にそのような現場はありますが、全てのエンジニアが夜勤や休日出勤をしているわけではありません。

未経験からITエンジニアになりたいと考えている方にはおすすめしたい仕事になります。リモートワークでワークライフバランスも整えることができます。


ブログをはじめたきっかけ

もともとガジェットが好きだったことが一番のきっかけです。

リモートワークでは「環境」が仕事の「効率」に影響することもあり、多くのガジェットを試してきました。

自分自身が経験したことや見聞きしたことを発信することで、多くの人に「ガジェット選び」の参考になるような情報を提供できればと考えています。

加えて、人生100年時代ということで、会社の収入だけに頼らない生き方をしたいと考え、副業としての「ブログ」を運営することとしました。