【Jabra Speak2 シリーズ比較】Jabra スピーカーフォン次世代機の比較と選び方

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Jabraはこれまでスピーカーフォンシリーズとして「Speak」シリーズを発売していましたが、次世代機として「Speak2」シリーズを2023年3月に新たにリリースしました。

これまでも優れていたデザイン性・操作性・機能すべてがバージョンアップされ、ウェブ会議やテレワークを更に快適にする性能となります。

Jabra Speak2 ラインナップ
  • Speak2 40(MS / UC モデル)
  • Speak2 55(MS / UC モデル)
  • Speak2 75(MS / UC モデル)

この記事では、Jabra Speak2の3モデルを解説していきます。旧モデルであるSpeakシリーズの比較が気になる方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【Jabra Speak シリーズ比較】Jabra スピーカーフォンの比較と選び方 Jabra Speakは、Jabraから発売されているスピーカーフォンシリーズです。 スピーカーフォンは集音マイクとスピーカーが一体型となっている機器で、普段利用・仕事利用と...
目次

Jabra Speak2 シリーズ 比較

Speak2シリーズは全てのモデルがプロ仕様となり、Speakシリーズから機能性が進化しています。

共通している代表的な機能
  • ビームフォーミングマイク
    • 話している方向にマイクを向け、集音性を高める
  • ノイズキャンセリング
    • 周囲の雑音を取り除き、クリア声を相手に伝える
スクロールできます

Jabra Speak2 40

Jabra Speak2 55

Jabra Speak2 75
特徴個人・小会議向け
軽量・コンパクト
個人・小会議向け
軽量・コンパクト
最高音質と高性能マイク搭載
メーカー価格24,20027,50052,800
接続性有線
USB Type-A,Type-C
有線 / 無線
USB Type-A,Type-C
Bluetooth5.1
有線 / 無線
USB Type-A,Type-C
Bluetooth5.2
集音範囲半径2.3m半径2.3m半径2.5m
マイクビームフォーミング搭載ビームフォーミング搭載ビームフォーミング搭載
本体サイズ直径120mm×高さ33mm直径120mm×高さ33mm直径132.5mm×高さ35mm
無線規格×通信最大30m
バッテリー駆動12時間
USB給電
通信最大30m
バッテリー駆動32時間
USB給電
オーディオスペック・ワイドバンド
・フルデュプレックス
・ノイズ軽減(エコー、ノイズ)
・スピーカーサイズ50mm
・ワイドバンド
・フルデュプレックス
・ノイズ軽減(エコー、ノイズ、リバーブ)
・スピーカーサイズ50mm
・ウルトラワイドバンド
・フルデュプレックス
・ノイズ軽減(エコー、ノイズ、リバーブ)
・スピーカーサイズ65mm
評判を確認評判を確認評判を確認
各製品の比較

Teamsモデルを選ぶメリット

Speak2シリーズは3種類のラインナップとなり、それぞれMSモデル、UCモデルが発売されています。

Microsoft Teamsをメインの会議ツールとして利用する場合はMSモデル、Zoomやそうでない場合はUCモデルがおすすめです。

Microsoft Teams 向けに認定された Speak2 製品を使用するメリットは何ですか?

  • デフォルトのオーディオデバイスとして自動的に選択。
  • Microsoft Teams 専用ボタン
    • Microsoft Teams LED ライトがパープルに点滅
      • Microsoft Teams 会議への参加準備完了
      • Microsoft Teams への不在着信あり
      • Microsoft Teams ボイスメール受信時
    • Microsoft Teams での着信時には、Microsoft Teams LED ライトがパープルに点滅
    • 呼び出し
      • ミーティングの「事前参加」画面を開く
      • 不在着信画面を開く
      • Microsoft Teams ボイスメールの画面を開く
      • バックグラウンドから Microsoft Teams クライアントを起動する
      • Microsoft Teams での会議中に手を上げ下げする
Jabra公式(一部抜粋)

Jabra Speak2 40

Speak40はSpeak2シリーズでは最も安価なモデルになりますが、スピーカーフォンとしての完成度は非常に高いです。

Speakl2 55との違いは「無線接続できるか」「バッテリー動作できるか」の2点になります。利用するときは必ず有線接続を想定している場合は本モデルが最もおすすめです。

Jabra Speak2 40 製品概要

スピーカーフォンとして重要な機能がいくつも搭載されています。音質が良くノイズを軽減する機能も搭載しています。

機能一覧
  • ワイドバンドオーディオ
  • フルデュプレックスオーディオ
  • ノイズ軽減(エコー、ノイズ)
  • スピーカーサイズ50mm

Jabra Speak2 40 接続性

  • 有線
  • USB Type-A,Type-C

接続は有線ケーブルのみで、無線接続はできません

有線ケーブルはType-A、Type-Cを切り替えながら使用することができます。

有線ケーブルについて

Speak2全体に共通していますが、USB-A、USB-C接続は簡単に変更できるため、Speak2以外にケーブルを用意する必要はありません。

Jabra(ジャブラ)
¥17,900 (2024/06/18 18:12時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

Jabra Speak2 55

Speak2シリーズでは中間の立ち位置になるモデルです。基本性能はSpeak2 40と同様ですが、こちらは無線接続可能、バッテリー搭載とスピーカーフォンとしての使い勝手が向上しています。

Jabra Speak2 55 製品概要

オーディオ関連の基本スペックはSpeak 40と同等になります。Speak55は無線対応しているので、価格差約3,000円で使い勝手が向上することから最もコストパフォーマンスの良いモデルとなります。

機能一覧
  • ワイドバンドオーディオ
  • フルデュプレックスオーディオ
  • ノイズ軽減(エコー、ノイズ)
  • スピーカーサイズ50mm

Jabra Speak2 55 接続性

  • 有線 / 無線
  • USB Type-A,Type-C
  • Bluetooth5.1

有線はType-A,Type-C対応で新しくケーブルを用意する必要はありません。

また、バッテリー駆動時間は12時間と日中帯は充電なしで利用することができます。

Jabra(ジャブラ)
¥19,362 (2024/06/16 20:29時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

Jabra Speak2 75

Speak2の最上位モデルになります。Speak2 55はコスパの高い製品に位置付けられますが、こちらは会議音声に妥協したくないという方におすすめです。

スピーカーサイズは65mmでパワフルな音に対応、ウルトラワイドバンドオーディオはワイドバンドよりもより広い周波数の音を再現します。

マイクは無指向性で360°の角度から声を拾いますが、ノイズ技術によりキーボードなどの雑音は相手に聞こえないよう制御してくれます。

Jabra Speak2 75 製品概要

最新の機能を備え、さらにこれまでのスピーカーフォンには搭載されていなかった「リバーブ音」をノイズとして認識して低減します。

狭い部屋でも自分の声をよりはっきりと相手に伝えることができます。

リバーブ=残響音、周囲に跳ね返っている音

  • ウルトラワイドバンドオーディオ
  • フルデュプレックスオーディオ
  • ノイズ軽減(エコー、ノイズ、リバーブ)
  • スピーカーサイズ65mm

Jabra Speak2 75 接続性

  • 有線 / 無線
  • USB Type-A,Type-C
  • Bluetooth5.2

Bluetoothは5.2とSpeak2 55モデルの5.1よりも新しい技術を採用しています。

Bluetooth5.2はより多くの情報を低消費電力で伝送することができます。

Jabra(ジャブラ)
¥47,850 (2023/11/17 22:07時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

Jabra Speak2 シリーズ 比較まとめ

スクロールできます

Jabra Speak2 40

Jabra Speak2 55

Jabra Speak2 75
特徴個人・小会議向け
軽量・コンパクト
個人・小会議向け
軽量・コンパクト
最高音質と高性能マイク搭載
メーカー価格24,20027,50052,800
接続性有線
USB Type-A,Type-C
有線 / 無線
USB Type-A,Type-C
Bluetooth5.1
有線 / 無線
USB Type-A,Type-C
Bluetooth5.2
集音範囲半径2.3m半径2.3m半径2.5m
マイクビームフォーミング搭載ビームフォーミング搭載ビームフォーミング搭載
本体サイズ直径120mm×高さ33mm直径120mm×高さ33mm直径132.5mm×高さ35mm
無線規格×通信最大30m
バッテリー駆動12時間
USB給電
通信最大30m
バッテリー駆動32時間
USB給電
オーディオスペック・ワイドバンド
・フルデュプレックス
・ノイズ軽減(エコー、ノイズ)
・スピーカーサイズ50mm
・ワイドバンド
・フルデュプレックス
・ノイズ軽減(エコー、ノイズ、リバーブ)
・スピーカーサイズ50mm
・ウルトラワイドバンド
・フルデュプレックス
・ノイズ軽減(エコー、ノイズ、リバーブ)
・スピーカーサイズ65mm
評判を確認評判を確認評判を確認
各製品の比較

Jabra Speak2 シリーズそれぞれの特徴を紹介してきました。

どのモデルも高性能ではありますが、おすすめモデルはコスパの高いSpeak 55です。

モデルごとの簡単な特徴を以下にまとめています。これまで以上に快適なリモートワーク・テレワーク環境を実現できるため、興味ある方は是非チェックしてみてください。

  • Jabra Speak2 40
    • 有線接続のみのため使い勝手はやや悪い
    • スピーカーフォンとしての性能は高く音質・機能性は抜群
    • 無線利用は不要な方におすすめ
  • Jabra Speak2 55
    • 有線・無線接続可能でバッテリー駆動時間は12時間
    • オーディオスペックはSpeak2 40と同等
    • コスパが最も良いモデルで価格と機能性のバランスが最も良い
  • Jabra Speak2 75
    • 有線・無接続可能でバッテリー駆動時間は32時間
    • 他社含めたスピーカーフォンの中でも音質・機能性は抜群に良い
    • 高価だが妥協したくない会議環境を実現したい方におすすめ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次