【Jabra Speak シリーズ比較】Jabra スピーカーフォンの比較と選び方

Jabra Speakは、Jabraから発売されているスピーカーフォンシリーズです。

スピーカーフォンは集音マイクとスピーカーが一体型となっている機器で、普段利用・仕事利用と幅広く利用することができます。

企業で導入されているイメージが強いですが、昨今ではリモートワークやテレワーク、在宅ワークが広く普及している影響もあり、個人で利用する人も増えています。

さまざまなメーカーから多くの種類が発売されているスピーカーフォンですが、その中でもJabra製品は購入者の評価が総じて高いメーカーとなります。企業での導入が多いことも特徴で、信頼性の高い製品となります。


Jabraから販売されているスピーカーフォンにはJabra Speak 410、510、710、750、810と5種類のラインナップが存在します。(数字が上がるほど値段・機能・音質が向上)

Jabraは1869年創業のデンマークに本社がある企業ですが、世界30か国以上にオフィスを持ち、100か国以上で製品を販売している「補聴器および音響機器の製造販売」を行っているメーカーです。


この記事では、Jabraから発売されている全てのモデルを比較し、選び方を紹介していきます。

記事の内容
  • Jabra スピーカーフォンのモデルごとの特徴
  • Jabra スピーカーフォンの選び方
目次

スピーカーフォンの特徴

スピーカーフォンとは、スピーカーと集音マイクが一体になった機器になります。

一つの機器にスピーカーと集音マイクを内蔵しているため、省スペース・ハンズフリーで使用することができます。

テレビ会議やWeb会議を行う企業では会議室に必ず置いてあり、1台あれば複数人同時に会話をすることが可能になります。


スピーカーフォンにはメリットが多いため、会議室など複数人での使用だけではなく、リモートワークやテレワークをする個人(家庭)にも利用者が多いことが特徴としてあります。

コンパクトな形状で場所を取らない・イヤホンをつける手間が不要(耳を塞ぐ必要がない)、音の品質を向上させるさまざまな機能など、Web会議での「通話」を最適化します。


音質が良いスピーカーを搭載しているモデルであれば、プライベートでの動画鑑賞も快適・高音質で楽しむことができます。

スピーカーフォンの特徴は以下の通りです。

  • スピーカーと集音マイクが一体になった機器
  • 複数人での利用が可能な為、打ち合わせをWeb会議やビデオ会議を実施する企業での導入率が高い
  • リモートワークの快適性を向上させるだけでなく、普段の生活でも活躍できる
  • 音の品質を改善し、最適化する


PC、スマートフォンのマイク性能・音質は不快?

音に関して言えば、パソコン内蔵の標準マイクやスピーカーでも問題ないと思われがちですが、以下の点から快適とは言えません。

  • 声にノイズが入る(マイク性能)
  • こもった音で聞き取りづらい(スピーカー性能)


スピーカーフォンを使用することで相手の声を聞き取りやすくなり、また自分の声も相手に伝わりやすくなります。


Jabra Speak シリーズ 比較

Jabraから発売されているスピーカーフォンにはJabra Speak 410、510、710、750、810の5種類あり、その中でもUCモデル・MSモデルに分かれています。

この記事ではそれぞれのスピーカーフォンの特徴を紹介していきますが、リモートワークやテレワーク時に個人での使用を想定した時の基準としては以下のようになります。

  • Jabra Speak 410

    Web会議で使用。スピーカーをあまり移動させない人向け。
  • Jabra Speak 510

    Web会議で使用。スピーカーの位置を変えたり持ち運びを考えている人向け。
  • Jabra Speak 710

    音質重視。Web会議・普段のスピーカーとしても使用。スピーカーの位置を変えたり持ち運びを考えている人向け。
  • Jabra Speak 750

    音質・機能重視。Web会議・普段のスピーカーとしても使用。スピーカーの位置を変えたり持ち運びを考えている人向け。
  • Jabra Speak 810

    音質・機能・多人数利用を想定されて開発されているため個人利用には不向き。


Jabra Speak 410

Jabra Speak 410はJabraスピーカーフォンの中でエントリーモデルの位置付けになります。

1〜4名の小規模な会議で活躍するだけでなく、リモートワーク・テレワークでのWeb会議でも快適な環境を提供します。

シリーズの中で唯一ワイヤレス接続ができないモデルになります。


Jabra Speak 410製品概要

  • 想定使用人数 : 1~4名の個人/小会議室用スピーカーフォン
  • エコーキャンセラー、デジタル信号処理搭載
  • ワイドバンド/HD音声搭載
  • 軽量でシンプルなデザイン

Jabra Speak 410 特徴

  • 集音範囲1mの無指向性(360°集音)マイク搭載
  • 保管・持ち運びに便利なソフトポーチ付属

Jabra Speak 410 接続性

  • 接続方式:有線(USB-A)のみ対応
  • 接続端末:PC


あわせて読みたい
【Jabra Speak 410 レビュー】最低限の機能を備えたスピーカーフォン この記事ではJabra製のSpeak 410について解説していきます。 おすすめできる人 Web会議やビデオ会議で使用できるスピーカーフォンを探している Jabra Speak 410はJabra...


Jabra Speak 510

Jabra Speak 510はJabraスピーカーフォンの ”無線・バッテリー駆動” に対応しているモデルで、価格と機能のバランスが良い機器になります。

1〜4名の小規模な会議で活躍するだけでなく、リモートワーク・テレワークでのWeb会議でも快適な環境を提供します。


Jabra Speak 510製品概要

  • エコーキャンセラー、デジタル信号処理搭載
  • ワイドバンド/HD音声搭載
  • 軽量でシンプルなデザイン
  • ワイヤレス接続、バッテリーで15時間動作

Jabra Speak 510 特徴

  • 集音範囲1mの無指向性(360°集音)マイク搭載
  • 保管・持ち運びに便利なソフトポーチ付属

Jabra Speak 510 接続性

  • 接続方式:有線(USB-A)、Bluetooth 3.0
  • 接続端末:PC、モバイル


あわせて読みたい
【Jabra Speak 510 レビュー】テレワークで人気のスピーカーフォン この記事ではJabra製のSpeak 510について解説していきます。 おすすめできる人 Web会議やビデオ会議で使用できるスピーカーフォンを探しているリモートワークで使える比...


Jabra Speak 710

Jabra Speak 710はJabraスピーカーフォンの ”無線・バッテリー駆動” に対応しているモデルで、スピーカー性能を向上させた機器になります。

1〜6名の小規模な会議で活躍するだけでなく、リモートワーク・テレワークでのWeb会議でも快適な環境を提供します。

音質が良いためメインスピーカーとしても使用でき、音楽・映画鑑賞でも満足のいく音を聴くことができます。

また、2台のJaba Speak 710をリンク接続(連結)させることで、ステレオ再生も可能になっています。


Jabra Speak 710製品概要

  • 想定使用人数 : 1~6名の個人/小会議室用スピーカーフォン
  • エコーキャンセラー、デジタル信号処理搭載
  • ワイドバンド/HD音声搭載
  • HiFiグレードスピーカー
  • 軽量でシンプルなデザイン
  • ワイヤレス接続、バッテリーで15時間動作

Jabra Speak 710 特徴

  • 集音範囲2mの無指向性(360°集音)マイク搭載
  • 保管・持ち運びに便利なソフトポーチ付属

Jabra Speak 710 接続性

  • 接続方式:有線(USB-A)、Bluetooth 4.2
  • 接続端末:PC、モバイル


あわせて読みたい
【Jabra Speak 710 レビュー】音質・集音に優れたスピーカーフォン リモートワーク・テレワークが普及した昨今、自宅にいながら遠隔で打ち合わせをする機会が大幅に増えました。 しかし、自宅からリモートでの打ち合わせができるという便...


Jabra Speak 750

Jabra Speak 750はJabraスピーカーフォンの ”無線・バッテリー駆動” に対応しているモデルで、スピーカー性能・オーディオ性能を向上させた機器になります。

1〜6名の小規模な会議で活躍するだけでなく、リモートワーク・テレワークでのWeb会議でも快適な環境を提供します。

音質が良いためメインスピーカーとしても使用でき、音楽・映画鑑賞でも満足のいく音を聴くことができます。

また、2台のJaba Speak 750をリンク接続(連結)させることで、ステレオ再生も可能になっています。


Jabra Speak 750製品概要

  • HiFiグレードスピーカー
  • ノイズリダレクション
  • フルデュプレックスオーディオ
  • 音響エコーキャンセラー
  • 軽量でシンプルなデザイン
  • ワイヤレス接続、バッテリーで11時間動作

Jabra Speak 750 特徴

  • 集音範囲2mの無指向性(360°集音)マイク搭載
  • 保管・持ち運びに便利なソフトポーチ付属

Jabra Speak 750 接続性

  • 接続方式:有線(USB-A)、Bluetooth 4.2
  • 接続端末:PC、モバイル


\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場
あわせて読みたい
【Jabra Speak 750 レビュー】高性能・高評価のスピーカーフォン リモートワーク・テレワークが普及した昨今、自宅にいながら遠隔で打ち合わせをする機会が大幅に増えました。 しかし、自宅からリモートでの打ち合わせができるという便...


Jabra Speak 810

Jabra Speak 810はJabraスピーカーフォンの ”無線・バッテリー駆動” に対応しているモデルで、15名でも利用できる据え置き型のスピーカーフォンになります。

イヤホンジャックやZoom Talk(声が聞こえる方向に反応して集音)といった独自機能を備えているフラッグシップモデルです。


Jabra Speak 810製品概要

  • エコーキャンセラー、デジタル信号処理搭載
  • ワイドバンド/HD音声搭載
  • Zoom Talk
  • ワイヤレス接続可能

Jabra Speak 810 特徴

  • 集音範囲5mの無指向性(360°集音)マイク搭載

Jabra Speak 810 接続性

  • 接続方式:有線(USB-A)、Bluetooth 4.2
  • 複数の接続方式(Bluetooth、USB、3.5mmプラグ)
  • 接続端末:PC、モバイル



Jabra Speak シリーズ比較 まとめ

Jabra Speak シリーズのそれぞれの特徴をまとめました。

機器による簡単な特徴は以下の通りです。予算や使い方に応じたモデルを選び、快適なリモートワーク・テレワーク環境を目指していきましょう!

Jabra Speak 410

Web会議で使用。スピーカーをあまり移動させない人向け。

Jabra Speak 510

Web会議で使用。スピーカーの位置を変えたり持ち運びを考えている人向け。

Jabra Speak 710

音質重視。Web会議・普段のスピーカーとしても使用。スピーカーの位置を変えたり持ち運びを考えている人向け。

Jabra Speak 750

音質・機能重視。Web会議・普段のスピーカーとしても使用。スピーカーの位置を変えたり持ち運びを考えている人向け。

Jabra Speak 810

音質・機能・多人数利用を想定されて開発されているため個人利用には不向き。


UCモデル、MSモデルの違い

それぞれ、以下の略語になります。

  • MS:Microsoft Skype for Businnes
  • UC:Unified Communication

MSモデルはMicrosoft Skype for BusinnesやMS Teamsに最適化され、Microsoftから「推奨されている機器」になります。
MSモデルはMicrospt Teamsを「メインの会議ツール」として利用する場合におすすめできますが、そうで無い場合はUCモデルを選択するようにしましょう。


どちらのモデルもパソコンやスマートフォンで利用できるアプリであれば使用することは可能です.

目安としてMicrosoft Skype for Businnesを中心に利用する場合は「MS」モデルを、そうでない場合は「UC 」モデルを選ぶのがメーカー基準となります。

MS 対応機種をデフォルトの通信デバイスとして自動的に選択。
Microsoft Teams の LED 通知を Jabra デバイス上で見ることができます。
Jabra デバイスの専用の Microsoft Teams ボタンにより、コンピュータ上の Microsoft Teams とデバイスとの間の操作が可能になります。
複数の MS デバイスがある場合は、着信通話の応答に使用されていたデバイスに対し優先してオーディオが送信されます。

Jabra公式


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次