Amazon 年末年始特集| HOLIDAY STOREはこちら

【SanDisK Extreme E61 レビュー】外付け・軽量・コンパクトなポータブルSSD

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

SSD(Solid State Drive:ソリットステートドライブ)はHHDと異なり、

  • 衝撃を受けても故障率が低い
  • 読み書きの速度が早い
  • 動作音が静か
  • コンパクトで軽い

このようなメリットがあります。

反対に価格に対しての容量が小さいデメリットはありますが、基本的にはメリットが多いことが特徴です。

この記事では、SanDiskから発売されているポータブルSSDの紹介をしていきます。

記事の内容
  • SanDisk 外付けSSDの種類別特徴を紹介
  • SanDisk ポータブル外付けSSD Extreme E61レビュー
目次

SanDisk ポータブル外付けSSDの製品別の特徴

SanDiskのポータブルSSDのGHシリーズは4種類あり、その中でも複数の容量がラインナップされています。

型番によってはIP55の防塵防気性能も備えているため、水や粉塵、落下などの衝撃にも耐えることができます。

また、パスワードロック機能もあり、セキュリティ対策ができるため安心して使用することができます。

フォーマット後もWindows、MacOS両方で使用することができます。


▼SanDisk ポータブル外付けSSD GHシリーズ一覧

項目/型番Extreme ProE81Extreme E61Extreme E60E30
外観
容量1TB/2TB500GB/1TB/2TB500GB/1TB/2TB480GB/1TB/2TB
最大読み出し速度2000MB/秒1050MB/秒550MB/秒520MB/秒
最大書き込み速度2000MB/秒1000MB/秒
接続インターフェイスUSB 3.2 Gen 2×2
(USB Type-C)
USB 3.2 Gen 2
(USB Type-C)
USB 3.2 Gen 2
(USB Type-C)
USB 3.2 Gen 2
(USB Type-C)
付属ケーブル・コネクタUSB Type-C <-> USB Type-C
USB Type-C <-> USB Type-A
USB Type-C <-> USB Type-C
変換コネクタ:USB Type-A変換アダプタ
USB Type-C <-> USB Type-C
変換コネクタ:USB Type-A変換アダプタ
SB Type-C <-> USB Type-A
変換コネクタ:なし
本体寸法、重さ57.8 x 110.8 x 10.3mm2.5 x 100.8 x 9.6mm49.55 x 96.20 x 8.85mm46.90 x 96.90 x 9.91mm
重さ77.5g52g38.9g40g
IP55 防塵防滴性能対応対応対応
256ビットハードウェア暗号化
パスワードロック機能
対応対応

SanDisk ポータブル外付けSSDの評判

ECサイト(Amazonや楽天)や比較サイト(価格.com)など、どこを確認しても高評価になります。

コンパクト、読み書き速度が早い、Windows・MacOS・PS4・PS5などOSや機器を問わず使える点が評価されています。


▼ECサイトの口コミ抜粋(Amazonから引用)

  • 小型軽量で高速読書き、もうHDDには戻れない
  • 耐衝撃性もHDDに比べて高いということで、持ち運ぶのも安心
  • MacOSのバックアップ(TimeMachine)用
  • 軽いです。フラッシュメモリや外付けHDDの存在意義を疑うレベルで


▼比較サイト口コミ抜粋

  • 読み込み,書き込みともにカタログスペック1000MB/sに近い値
  • SANDISK製のSSDなので、安心感がありますし、5年間の製品保証なので、サポート体制もしっかりしている
  • データーの保存用に使っているんですけど、なんか不安らしきものが一切無く使えてる


SanDisk ポータブル外付けSSD Extreme E61のレビュー

SanDisk SSD Extreme E61

Extreme E61を使用してのレビューとなります。

利用用途は高画質画像・RAW画像の保存で、Windows・Mac mini M1で利用しています。


利用して感じた評価は以下になります。

  • コンパクトで置き場所に困らず持ち運びやすい
  • Windows、MacOS両方で使用できる
  • SSDのため静音、読み出し速度も高速
  • 用途に応じて選べる容量
  • HDDと比較すると高い


コンパクトで置き場所に困らず持ち運びやすい

ポケットティッシュと比較した画像がこちらです。

SanDisk SSD Extreme E61 ティッシュとの大きさ比較


小さく薄いため、置く場所に困りません。また、カラビナをつけることができるため紛失防止にもなります。

SanDisk SSD Extreme E61 サイド
SanDisk SSD Extreme E61 カラビナ装着


Windows、MacOS両方で使用できる

Windows・MacOSどちらでフォーマットしても問題ありません。

パスワードロックも両方のOSで動作するため、セキュリティを維持することができます。


パスワードロックを有効にするには、SSDに格納している以下のファイルを実行した後にパスワードを設定することで有効にすることができます。

詳細な設定はこちら(公式サイト)

  • Macからインストールする場合:Install SanDisk Software for Mac.dmg
  • Windowsからインストールする場合:Install SanDisk Software for Windows.exe

MacOSでインストールすればWindowsでインストールする必要はありません。
※反対にWindowsでインストールすればMacOSでインストールは必要ありません。


▼SanDisk Extreme ドライブロック機能

Sandisk SSD パスワードロック画面
Sandisk SSD ロック解除画面

パスワード保護は必須ではないですが、有効にする場合は「パスワードのヒント」も活用しながら絶対に忘れない値にしましょう。

SSDのため静音、読み出し速度も高速

Extreme E61ではカタログ上、

  • 最大読み出し速度 1050M/秒
  • 最大書き出し速度 1000M/秒

ですが、実測値がどうか確認していきます。


▼Mac mini M1で計測

Sandisk SSD E61 読み書き速度

Mac mini M1チップは読み書き速度が遅いこと、ケーブルの影響などもあり、カタログスペックの値には及びませんでしたが、十分すぎる数値となります。


使用したケーブルは付属しているケーブルです。

SanDisk SSD Extreme E61 付属ケーブル

用途に応じて選べる容量

型番にもよりますが、サイズは500GB、1TB、2TBから選ぶことができます。

ただし、2TBとなるとHDDと比較した場合に非常に高価になります。


SanDisk ポータブル外付けSSD まとめ

SanDisk ポータブル外付けSSDについて紹介しました。

SanDisk(サンディスク)はアメリカ合衆国に本拠地を置き、フラッシュメモリ・メモリカード・SSDの製造販売を行なっている信頼のできるメーカーになります。

コンパクトで軽量、静音、耐久力もメーカーの信頼性もあります。

SSDであるためHDDと比較すると少し値段は高いですが、性能の高いSSDを探している人の参考になれば幸いです。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次