iPad Pro テザー撮影方法|Wi-fi接続で外部モニター利用を検証

iPadは遊び・勉強・仕事・クリエイティブとさまざまな用途に使える万能タブレットになりますが、この記事ではカメラと接続を行うテザー撮影について、方法・メリット・デメリットを紹介していきます。

この記事の内容
  • iPadをSonyカメラと接続、テザー撮影する流れを紹介
  • iPadによるテザー撮影のメリット・デメリット

本記事で利用しているタブレットはiPad Pro M1,2021モデルになります。カメラやその他機材については記事の最後で紹介しています。

目次

iPadのテザー撮影とは

テザー撮影とは?

テザー撮影は、写真撮影をするさいにデジタルカメラの映像をリアルタイムでパソコンやタブレットに表示しながら撮影する方法です。
カメラとパソコン・タブレットの接続はワイヤレス(無線)、または有線ケーブルを使用して接続することができます。

テザー撮影を行う理由としては「リアルタイムかつ大画面で確認しながら撮影できる」「撮影した写真を撮影後数秒で確認できる」ことなどがあげられます。撮影の現場では仕上がりのイメージを複数人でスピーディに確認するためによく使われているようです。

撮影する時はiPad側(パソコンでも)でホワイトバランスやISOなど設定を変えながら撮影することができます。また、カメラで撮影した画像はパソコンやiPad、カメラの両方に保存することもできます(設定で変更可能)。

私は物撮り時にテザー撮影を行なっていますが、撮影時に写真のクオリティの確認ができるのは非常に便利で取り直しの回数が激減しました。

iPadの画面上でほとんどの操作ができ、シャッターを切ることもできるためテザー撮影中は一切カメラに触らなくても良くなります。

iPadをα7Ⅳと連携

本記事では、iPad Pro (2021,M1)とSonyのα7Ⅳを無線接続して検証しています。

iPadとの有線接続はできません。パソコンであれば有線接続でテザー撮影可能です。

あわせて読みたい
α7Ⅳ テザー撮影方法|パソコンと有線接続して検証 この記事では、α7Ⅳの有線接続でのテザー撮影方法について解説しています。 α7Ⅳのテザー撮影方法 USB接続Wi-Fi Direct接続Wi-Fi アクセスポイント接続 Wi-Fiを利用した撮...

Wi-Fi接続でテザー撮影環境を整える

STEP
テザー撮影用のソフトウェアをインストール

AppストアからImaging EdgeをiPadへインストール

STEP
α7Ⅳの設定をWifi接続に変更

「メニュー」→「ネットワーク」→「スマートフォン接続機能」→「スマートフォン登録」を選択後、「スマートフォンを登録する」を選択

α7Ⅳネットワーク設定
スマートフォン登録
STEP
iPadのImaging Edgeにカメラを登録

Imaging Edgeを起動し、撮影に使うカメラを登録していきます。

「カメラ接続/登録」→「確認」→「ペアリング」

一度ペアリングを行えば次回からは不要です。

初期画面
接続したいカメラを選択
ペアリング
ペアリング完了
Wifi接続確認画面
Wifi接続中
STEP
登録完了

Wifi接続が完了すると、テザー撮影ができるようになります。

「リモート撮影」がテザー撮影になります。

これで事前準備は完了です。

iPadでテザー撮影を行う

実際にテザー撮影を行ってみました。

無線接続のためタブレットは手で持ちながら撮影できますが、ZUGU 2021 iPad Pro 12.9インチ Gen 5用ケースを利用しているため立たせて撮影しています。

カメラの脚立はSLIK 三脚 ミニプロを利用しています。

iPadテザー撮影操作

テザー撮影時のiPadの画面になります。

ホワイトバランスやISOを操作することができますが、F値は操作することができません。(Aモード時)

PモードであればF値も変更できます。


初期画面の「MENU」を選ぶと、より細かい設定を変更することができます。

変更できるカメラ設定

  • ホワイトバランス
  • ドライブモード
  • フラッシュ
  • ワイヤレスフラッシュ
  • 赤目軽減発光
  • フォーカスモード
  • Dレンジオプティマイザー
  • 測光モード
  • 撮影時のタッチ操作
  • JPEG/HEIF切り替え
  • ファイル形式
  • RAW記録方式
  • JPEG画質
  • JPEG画質サイズ
  • アスペクト

iPadテザー撮影で有線接続はできない

有線ケーブルを使用してiPadとα7Ⅳを接続してもiPad側で認識することはありません。

Imaging Edgeから有線/無線の切り替えができないか試してみましたが、こちらもできませんでした。

安定性を求めるために有線で接続したい場面もあるかと思いますが、有線接続をしたい場合はiPadではなくパソコンでテザー撮影する必要があります。

テザー撮影用のケーブルとしてはTetherTools テザーツールズ テザープロが有名ですが、安く済ませたい場合はAnker PowerLine IIIでも接続可能です(検証済み)。

iPadをテザー撮影用外部モニターにするメリット・デメリット

iPadでテザー撮影できるメリット・デメリットをまとめました。

  • 大画面・高画質で確認しながら撮影できる
  • カメラを固定しながらiPadでシャッターを切れる
  • 撮影した画像はiPadに自動保存される
  • 撮影に必要なスペースが必要
  • 無線接続限定

一番のメリットは、カメラよりも大きな画面で状況を確認しながら撮影できることですが、その分撮影スペースが必要になるデメリットがあります。

大画面・高画質で確認しながら撮影できる

カメラのファインダーや液晶モニターだと画面が小さく、解像度もあまり高くありません。

iPadであれば、大画面・高画質で確認しながら撮影することができます。これは実際に撮影した画像をパソコンで見た時に、想像と異なる写りになることを未然に防ぐことができます。

撮影時の設定も変更しやすいため、イメージ通りの撮影を行いやすいです。また、撮影した画像もiPadの高画質で即確認することができます。

画像はiPad本体に撮影と同時に保存することができるため、iPadで画像を編集する場合は転送する時間をなくすことができるため時短にもつながります。

iPadでテザー撮影をする最大のメリット
  • テザー撮影時、iPadの操作で仕上がりをイメージしながら設定を変更できる
  • 画像はiPadに転送できるため、iPadの高画質な画面で写真を確認できる
    • SDカードやUSBでパソコンへ転送する手間を無くせる

カメラを固定しながらiPadでシャッターを切れる

カメラを固定しながら撮影する俯瞰撮影に適しています。

俯瞰撮影は、被写体を上から見下ろした形で撮影する方法です。商品撮影時などに用いられます。


また、iPad側でズームなどカメラ操作もできるため、固定したカメラに触ることなく撮影を行うことができます。シャッターを切る時のわずかなカメラの「ブレ」や操作することによってカメラが動いてしまうということも防ぐことができます。

撮影した画像はiPadに自動保存される

撮影した画像はカメラ側のメモリーカードとiPad両方に保存することができます。仮にメモリーカードの容量が一杯になっても、iPad側では画像が保存されます。

iPad側に保存されるのはJPEG形式のみ。RAW形式では保存されません。

撮影に必要なスペースが必要

iPad分のスペースが必要になります。

本記事では山善 電動昇降デスクの上で撮影していますが、机にスペースを確保できない場合はiPad用アームスタンドを利用することで浮かせることができます。

山善昇降デスクの製品レビューはこちら

あわせて読みたい
【山善 電動昇降式デスク レビュー】テレワーク環境改善のススメ 普段はテレワーク(リモートワーク/在宅ワーク)のため自宅で仕事をすることがほとんどのため山善から発売されている電動式昇降デスクを自宅に導入しました(2022/2月)...

iPadのテザー撮影方法 まとめ

iPadを使用したテザー撮影方法とメリット・デメリットを紹介しました。

iPadを置くスペースが必要になるというデメリットはありますが、その分大画面・高画質な画面で確認しながら撮影できるのは大きなメリットになります。


今回はSony α7Ⅳ用いて撮影しましたが、他のカメラでも問題なく接続できるかと思いますので試すさいは各メーカーHPなどを確認してみてください。

個人でのテザー撮影はブツ撮りがメインのシチュエーションになるかと思いますが、接続も簡単であるためカメラとiPadをお持ちの方は是非試してみてください!

iPadテザー撮影のメリット
iPadテザー撮影のデメリット
  • カメラよりも大画面・高画質で完成形をイメージできる
  • 撮影後は即iPad上で画像を確認できる
  • 撮影中はカメラに触れなくても良い
  • iPadでシャッターを切れるため、ブレをなくせる
  • iPadのスペースが必要(アームで回避できる)
  • 撮影時のiPad上の画質はカメラよりは良いがiPadの画質よりは下
  • 無線接続のみで有線接続はできない

本記事の撮影で用いている機材一覧


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次