【ZUGUケース レビュー】 2021 iPad Pro 12.9 第5世代を活かすベストな選択

ZUGU CASEはiPad用の保護ケースであり、iPadの種類毎に発売されています。

iPad用のケースはさまざまな種類が発売されていて、純正のものはキーボード付きであったり、価格が高かったりします。


ZUGU CASEも1万円弱と少々値が張るものの、純正よりも値段は安く、機能性やiPadの保護性能は世界中から評価されています。

簡単な特徴としては以下になります。

  • 10段階の角度調整が可能
  • 60日間の無料返品保証
  • 高さ150cmからの落下テストにクリア
記事の内容
  • ZUGU CASEの特徴解説
  • ZUGU CASEのレビュー


カラーはブラック、ブラウン、パープル、ブルー、レッドの5色展開のため、好みあった色を選ぶことができます。

目次

ZUGU CASEを開封

ZUGU CASEを開封していきます。

箱はシンプルなデザインです。安っぽさがなく、贈り物としても喜ばれるようなオシャレさがあります。

ZUGU CASE 箱
ZUGU CASE 開封



箱を開けると本体が簡易包装されていて、ケース自体にもスポンジ上のクッションと湿気取りが置かれています。

傷防止・湿気防止と、利用する前からクオリティの高さを感じ取れます。

ZUGU CASE 包装
ZUGU CASE クッション

ZUGU CASEの外観

ZUGU CASEの外観を紹介していきます。

iPad装着面はスウェード風になっていて、放熱用の穴が開けられています。

ジャストサイズで取り付けにくいということもなかったです。

ZUGU CASE iPad装着面
ZUGU CASE 裏面



ケース外側には角度調整用の溝があります。裏面のスタンド部分と溝部分にマグネットが格納されているため、スタンド状態でiPadがズレるということはありません。

また、ケースにはスピーカーや充電端子用の穴が開けられています。

ZUGU CASE 表面
ZUGU CASE サイド


ZUGU CASEの特徴

iPad用のケースは多くの種類が発売されていますが、その中でZUGU CACEを選んだ理由としては以下の特徴があることとデザインが気に入ったためです。

ケース自体に安っぽさがなく、機能性も充実していて自宅・外出時関係なくiPadを最大限に活用できます。


▼ZUGU CASEの特徴

  • ZUGU CASEを装着したiPadは頑丈さを備える
  • ZUGU CASEは角度を10段階で調整できる
  • ZUGU CASEはApple Pencilの充電・収納も可能
  • ZUGU CASEはケースの開閉でオートスリープ・ウェイクが可能
  • ZUGU CASEは冷蔵庫にくっつけることができる


それぞれの特徴について一つずつ解説していきます。


ZUGU CASEを装着したiPadは頑丈さを備える

ZUGU CASE

ZAGUケースは150cmの高さからの落下試験をクリアしています。

普段からモノをよく落としてしまう方でも安心してiPadを利用することができます。

150cmの高さから落下テスト済。見た目にも高級感あふれるPC+TPU二重構造のラバーシェル(業界最薄レベル2mmのスーパー保護バンパー)を装備した カバー が、iPadをしっかりと全方位保護します。

Amazon


ZUGU CASEは角度を10段階で調整できる

ZUGU CASE
ZUGU CASE

ケースや保護カバーとしては珍しく、10段階で角度を調整することができます。

映画やWeb閲覧時には角度を高く、文字や絵を描く時は角度を低くする使い方が可能です。


溝とスタンド部分はマグネットで固定されるため、途中でiPadが倒れる心配もありません。また、Apple Pencilでの筆圧が強くでも問題なく利用できます。

iPad平置きよりも描きやすくなり、わざわざ別の代替品で角度を調整する手間も省けます。角度調整は簡単なので作業の効率アップにもつながります。


ZUGU CASEはApple Pencilの充電・収納も可能

ZUGU CASE

Apple Pencilを本体横と背面に収納することができます。

本体横に装着すれば充電することも可能なので、Apple Pencilのためにわざわざカバーを外す手間も省けます。

また、Apple Pencilを使わない時は収納するようにすることで、紛失を防止することができます。

Amazonのレビューでは「充電できない」とのコメントもありました。
これはApple Pencilの磁気が弱まっていることが原因の可能性も高いため、一度カバーを外した状態で直接iPadから充電させることが復活させることが可能です。


ZUGU CASE Apple Pencil充電
ZUGU CASE Apple Pencil背面収納

Apple Pencilの充電は問題なく可能です。

また、iPadを外出時に持ち出すさいに、Apple Pencilへ傷がつかないように背面に収納させることができます。


ZUGU CASEはケースの開閉でオートスリープ・ウェイクが可能

ZUGU CASE

ケースの開閉でオートスリープ・ウェイクアップが可能です。

Face IDを設定しておけば画面に触れることなくApple Pencilで操作することが可能です。


感覚的には紙のノートに近くなります。


ZUGU CASEは冷蔵庫にくっつけることができる

実際に利用するかはさておき、冷蔵庫に貼り付けて使用することができます。

レシピや動画を見ながら料理することができるようになります。


ZUGU CASEのメリット・良いところ

メリットはいくつかあります、主に以下の3つが特にメリットだと感じています。

  1. 頑丈なケースで安心感を得る
  2. 10段階の角度調整は重宝できる
  3. Apple Pencilを使う場合にも最適


iPadを使用していて床や地面に落とすということはあまり無いかもしれませんが、「もしも」の時に備えて安心することができます。

角度調整は10段階可能ということで、使うシチュエーション毎に角度を変更できることは作業効率の上昇につながります。


ZUGU CASEのデメリット・イマイチなところ

値段が1万円弱するため、ケースとしては高い部類に入ります。

(純正ケースはもっと高い)


また、220gのため、少し重くなります。

頻繁に持ち運びを考えている方は注意が必要ですが、ZUGU ケース以外にiPadを守る袋などは不要になります。

そのまま鞄に入れても傷がつくことなないため、総合的には軽くなると感じています。

  1. 値段が高い
  2. 持ち運びには少し思い


ZUGU CASEの口コミ

グローバルレビューも含めると1,800件以上の口コミがあるなか、Amazonでの評価は4.8と脅威の高評価数です。

以下は良い口コミを選んで記載していますが、悪い口コミとしては「傷があった」「値段が高い」「Apple Pencilが充電できない」など、製品そのものの評価ではないため除外しています。

口コミ一覧
  • 四方の角まで保護できるため、もし落としたとしても安心できる
  • Apple Pencilを充電しながら装着でき、持ち運び時に落ちる心配もない
  • キーボード無しのケースとしてはZUGU 一択


ZUGU CASEのレビュー まとめ

ZUGU CASE

ZUGU CACEのレビューを行いました。

特徴としては、「頑丈」「10段階の角度調整」「Apple Pencil充電可能」と大きく3つあり、他のケースを使用せずに鞄にそのままiPadを収納しても傷がつくことはありません。


反面、値段が少し高い、少し重いといったデメリットもありますが、以下のようなことを防ぐことができます。

  • 安いケースを購入してiPadに傷をつける
  • iPad自体の使い勝手が悪くなる


本記事ではiPad Pro (2021,M1)に対応するZUGU CASEを紹介していますが、iPadのモデル毎に発売されています。ZUGU CASEが気になる一度自分の使用しているiPadが対応しているか確認してみてはいかがでしょうか。

AmazonでZUGU CASEをチェック

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場


iPadはこちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【iPad Pro 12.9 第5世代 レビュー】M1搭載でサクサク動作|購入用途を紹介 この記事ではApple iPad Pro 12.9インチ 第5世代(容量は256GB)のレビューをしています。 基本スペックから購入した用途までを記載しているため、購入を迷っている人の...


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次