Amazon Prime Day | 先行セール開催中!! セール会場はこちら

【Anker powerwave pad alloy レビュー】高速充電対応のワイヤレス充電器

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

パソコンの周辺、あるいは作業机にさまざまさ機器のケーブルが溢れてないでしょうか?パソコン、外付けモニタ、スマホ、イヤホンなどを使用・充電するには、必ず電気を供給しなければいけません。

この記事では、充電ケーブルを少しでも減らすことができるワイヤレス充電器を紹介します。

Anker PowerWave Pad Alloyは、アンカー初のUSB Type-Cで電源供給可能なQi(チー、ワイヤレス給電の国際標準規格)対応のワイヤレス充電器です。

ワイヤレス給電可能な機器であればこれ1台で充電可能になるため、種類の異なる充電ケーブルを何本も扱う必要がなくなり、充電ケーブルを機器に差し込む手間も省けます。


この記事では、Anker PowerWave Pad Alloyについて注意点や使用感を詳しく紹介していきます。

おすすめできる人
  • 通常の充電器と同じ速度で充電できるワイヤレス充電器を探している
  • 安全性の高いワイヤレス充電器を探している
  • 数多くある充電ケーブルを少しでも減らし、机の周りをスッキリさせたい
目次

anker powerwave pad alloyのスペック

基本スペックであるサイズや重量です。大きさはコンパクトで、厚みもあまりありません。出力に関しても5W~15Wから最適な電力量で充電します。

外観
サイズ約90 × 90 × 13 mm
重量約105g
入力5V-2A , 9V-2A
ワイヤレス出力5W・5.5W・10W・15W
付属品Anker PowerWave Pad Alloy、約1.5m USB-A & USB-C


anker powerwave pad alloyの特徴

主な特徴は4つあります。

  • スマホカバーを装着していも充電可能
  • 最大15Wの給電が可能
  • LED表示パターンで充電状態を可視化
  • 両面に滑り止め加工

ひとつずつ解説していきます。


スマホカバーを装着していも充電可能

厚みが5mmまでのケースであれば、問題なく充電することができます。

ただし、以下のパターンでは充電することができません。


▼充電できないパターン

  • powerwave pad alloyと接触している面に磁石がついている
  • 金属製のケースを使用している
  • スタンド等でpowerwave pad alloyと密着しない
  • 磁器カードをスマホケースに差し込んでいる


最大15Wの給電が可能

Qi対応の機器に対して、5W / 7.5W / 10W / 15W 計4つの出力から最適なワイヤレス給電を自動で判別します。

ワイヤレス給電は電力が弱く、機器を充電するのに時間がかかることが一般的ですが、15Wであれば有線ケーブルでの充電と同じ電力量となります。

ただし、以下の点に注意する必要があります。

急速充電である7.5W以上を出力する場合は、QC2.0/3.0、もしくはPD対応充電器が必要。


PDとは「Power Delivery」のことで、最大100Wの電力を供給することができるUSB電源供給の規格になります。

PD対応の充電器については、powerwave pad alloyと同じメーカーであるAnkerからPowerPort Atom IIIが発売されています。



LED表示パターンで充電状態を可視化

powerwave pad alloy本体のLEDの表示パターンによって、充電状態を確認することができます。LEDについては小さい光となるため、例えばベッドの横で夜充電をする場合でも睡眠の妨げになりません。

  • ブルー点滅   ->  異物検知によりワイヤレスが充電不可の状態
  • グリーン点滅  ->  非対応の急速充電器、またはケーブルを利用している場合
  • ブルー点灯が3秒表示、その後LEDライトOFF  ->  急速充電器に接続されている状態
  • ブルー点灯   ->  正しくワイヤレス充電されている状態


両面に滑り止め加工

powerwave pad alloyの両面には滑り止め加工がされています。これにより、充電中の機器が滑り落ちることを防止しています。

また、パッド本体の滑り防止にもなります。


anker powerwave pad alloyの安全性

以下の3つの安全機能によって、安心して使用することができます。

  • 温度管理
  • 異物検知
  • 過電圧保護


温度管理

アルミニウム素材を使用しているため放熱性が高く、本体が熱くなることはありません。

使用状況や機器の温度が上昇することによってPowerWave Pad Alloy が熱くなった場合でも、その温度上昇や熱を感知して充電を停止させます。


異物検知

機器とPowerWave Pad Alloy の間に異物があると充電されません。

感電防止にもなります。


過電圧保護

機器が満充電になったさいには自動で充電が止まります。

これにより、機器のバッテリーに負荷を与えず、バッテリー寿命の延長につながります。


anker powerwave pad alloyの使用感

anker powerwave pad alloyはコンパクトで場所を取らず、置くだけ充電できる機器はこれ1台でカバーできるため無駄にケーブルが増えることを防ぐことができます。

使用感としては満足ですが、ケーブル接続での急速充電と比較した場合に充電速度は遅く感じます。


コンパクトなため場所をとらない

サイズがコンパクトなため、デスク上の小さなスペースに設置できます。


パソコンからのUSB給電で使用可能

急速充電ではなくなりますが、パソコンにUSBケーブルを接続して使用することができます。

コンセントも使わず、配線も不要なのでデスク周りがすっきりします。


置くだけで充電は楽

スマートフォンやイヤホンケースを乗せればいいだけなので、充電ケーブルを接続・はずす動作が不要になります。

また、充電中に電話がかかってきた場合にケーブルの長さを気にしてはずす必要もなくなります。

充電しながらでもスマホの音は鳴りますし、操作も可能です。


anker powerwave pad alloyの口コミ

口コミを紹介します。内容を略したり、少し表現は変えています。

全体的に高評価であり、使い勝手や充電速度にも満足しているコメントが多いです。ただ、滑り止めのためにゴム素材で加工されていることからホコリがつきやすく、取れにくいというマイナスコメントも多く見られます。

口コミ一覧
  • 樹脂系の素材やラバーでQi充電時にも端末を傷つけない配慮がされてる
  • 信用できる会社を選ぶことが重要。ANKERは少し高いけど物は良い
  • 筐体デザインを乱す事なくUSB-C給電なのが使い勝手がいい
  • スマホと接触する充電部分が特にゴムっぽくホコリがつくと目立つ


この記事のまとめ

Anker PowerWave Pad Alloyは、高い安全性を実現した急速電源供給が可能なワイヤレス充電器になります。

▼おすすめポイント

  • 温度管理・異物管理・過電圧保護と安全性が高い
  • 構想充電が可能
  • スペースをとらない

・急速充電する場合は対応している機器・ケーブルが必要になる(付属ケーブルは急速充電に対応しています。)
・スマホケースの厚みや装飾品で充電することができなくなく制限がある


ワイヤレス充電器の導入によって毎日実施している「充電」に関する手間を少なくすることは可能になるので、Qi対応の機器やスマートフォンをお持ちの方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。「置くだけ充電」、便利です。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次