Jabra Speak 710 vs 750【Jabra Speak 比較と選び方】

Jabra Speakは、Jabraから発売されているスピーカーフォンシリーズです。

スピーカーフォンは集音マイクとスピーカーが一体型となっている機器で、普段利用・仕事利用と幅広く利用することができます。

企業で導入されているイメージが強いですが、昨今ではリモートワークやテレワーク、在宅ワークが広く普及している影響もあり、個人需要が上昇しています。

さまざまなメーカーから多くの種類が発売されているスピーカーフォンですが、その中でもJabra製品は購入者の評価が総じて高いメーカーとなります。企業での導入が多いことも特徴で、信頼性の高い製品となります。


Jabraから販売されているスピーカーフォンにはJabra Speak 410、510、710、750、810の5種類が存在します。(数字が上がるほど値段・機能・音質が向上)

Jabraは1869年創業のデンマークに本社がある企業ですが、世界30か国以上にオフィスを持ち、100か国以上で製品を販売している「補聴器および音響機器の製造販売」を行っているメーカーです。


この記事では、Jabraから発売されているモデルの中でも人気があるJabra Speak 710と上位モデルであるJabra Speak 750について、スペックを中心に比較内容をまとめています。


記事の内容
  • Jabra Speak 710と750の基本スペック、オーディオ性能の比較
  • Jabra Speak 750にしかない特徴
目次

基本スペックを比較

Jaba Speak[
左:Jabra Speak 710、右:Jabra Speak 750

外観や基本スペックに大きな違いはありませんが、Jabra Speak 710だとバッテリー稼働時間が4時間長く利用することができます。

重さに関してはカタログスペックで3gの差です。1円玉3枚程度の違いになります。


▼ Jaba Speak 710 、750の基本スペック比較表

Jabra Speak 710Jabra Speak 750
外観
メーカー価格(税抜き)40,00044,000
重さ(g)298301
バッテリー持続(時間)1511
マイクタイプ無指向性無指向性
ワイヤレス動作範囲(m)3030
充電時間3時間3時間
会議人数(最大)66
Bluetooth4.24.2
接続性USB-A、
Bluetooth
USB-A、
Bluetooth
音声ガイダンス有り有り
通話と音楽のコントロール
認定UCモデル:Alcatel-Lucent,Avaya,
Cisco,Microsoft,Unify
MSモデル:MS Teams,Skype   
UCモデル:Alcatel-Lucent,Avaya,
Cisco,Microsoft,Unify
MSモデル:MS Teams,Skype
Jabra Speak 710,750比較表


諸元表の大きな違いはバッテリー持続時間

Jabra Speak 710と750ではほぼ同じスペックですが、Jabra Speak 710の方がバッテリー駆動時間が4時間長い仕様となります。

これは後述する以下のJabra Speak 750にしかない機能により、電力消費量が増えていることが原因になります。

  • フルデュプレックスオーディオ
  • 音響エコーキャンセラー


Jabra Speak 710ではバッテリー持続時間が15時間、Jabra Speak 750ではバッテリー持続時間が11時間ですが、この4時間についてはあまり気にしなくても問題ありません。

どちらの機器も10時間以上利用でき、かつパソコンからのUSB給電で充電されるからです。

パソコンに接続することなく連続10時間以上使用する想定がある場合は、バッテリー持続時間について比較候補の材料になります。


Jabraの認定について解説

認定欄を確認すると「MS Teams」「Skype」など記載がありますが、認定されていなくても問題なく使用できます。

認定アプリケーションを使用する場合に最適化しているため、MS Teamsをメインの会議ツールとして利用する場合はMSモデルを選ぶようにしましょう。

個人所有でJabra Speak 710 UCモデルを使用していますが、以下のアプリケーションについては問題なく利用することが確認できています。

  • MS Teams
  • Skype
  • Zoom
  • WebEx Teams
  • Cisco WebEX Meeting
  • Google Meet
  • Line通話(Android,MacOX)
  • スマートフォンでの通常通話


スピーカーフォンはオーディオ機器であるため、パソコンやスマートフォンと接続して音が出力されない・マイク利用で相手に声が聞こえないなどの症状がでる場合は、初期不良の可能性やパソコン・スマートフォン・相手側の機器を疑いましょう。

認定されていないからと言ってそのアプリは利用できないということはありません。

MSモデルの特徴

・MS 対応機種をデフォルトの通信デバイスとして自動的に選択。

・Microsoft Teams の LED 通知を Jabra デバイス上で見ることができます。

・Jabra デバイスの専用の Microsoft Teams ボタンにより、コンピュータ上の Microsoft Teams とデバイスとの間の操作が可能になります。

・複数の MS デバイスがある場合は、着信通話の応答に使用されていたデバイスに対し優先してオーディオが送信されます。

引用元:Jabra

 

オーディオ性能を比較

オーディオ(主にBluetoothのプロファイル)の比較結果です。


▼ Jabra Speak 710 , 750のオーディオ性能比較表

スクロールできます
Speak 710
Version
Speak 710
SNR
Speak 750
Version
Speak 750
SNR
補足
HFP
(Hands-Free Profile)
1.21.2ハンズフリー通話可
ヘッドセット通信可

HSP
(Headset Profile)
1.61.6HFPの下位互換
A2DP
(Advanced Audio Distribution Profile)
1.21.2
データを受信しながら再生
高音質のステレオ音声を伝送
AVRCP
(Audio/Video Remote Control Profile)
1.51.5リモコン操作可
信号対雑音比
(signal-to-noise ratio)
+70db+70db信号成分中に含まれる雑音の量
Jabra Speak 710,750オーディオ性能比較

ステータス上はJabra Speak 710も750も同様ですが、以下の理由から音質はJabra Speak 750の方が良いと個人的に感じています。

  • 高音はJabra Speak 710も750も差は無い
  • 低音はJabra Speak 750はパワフル

低音をきちんと出力することで、音にメリハリが生まれます。

基本スペックもほぼ同じ、オーディオ性能もカタログ上は同じですが、他にJabra Speak 750が710の上位機器扱いとなっている点はどの部分になるのか、次項から解説していきます。


Jabra Speak 750にしかない特徴

出典:Amazon

これまでの比較だと、Jabra Speak 750を選ぶ理由や価格差について納得できる部分は無いことになりますが、Jabra Speak 750には次の大きな特徴があります。

  • フルデュプレックスオーディオ
  • 音響エコーキャンセラー

それぞれの機能について解説していきます。


フルデュプレックスオーディオ

フルデュプレックスオーディオの特徴は、インターネット越しでもお互い自然な形で会話することができるようになることです。

フルデュプレックスオーディオとは、電話において、どちらの話者も同時に話すことができ、自分が話している間も相手からの声を聞くことができる通信方式のこと。この機能により、対面での会話と同じようにコミュニケーションをとることができます。

引用元:https://www.nikkei.com/article/


会話の中断がなくなることや、対話に近いコミュニケーションを期待することできます。

ただし、機能に過信して話すタイミングに気を付けることは必要になります。


基本的にインターネット越しだと音に遅延が発生するため、喋るタイミングは一人ずつのターン制になります。

対面の会話だと相手の会話に割り込むことができます。

フルデュプレックスオーディオ機能があると、対面での会話により近い環境を実現することができます。

しかし、以下の点には注意が必要です。

  • 相手が話をしている最中に会話に割り込まないこと
  • お互い中断無しで話すには相手側もフルデュプレックスオーディオ対応のスピーカーを使用する必要があること

相手が話をしている最中に会話に割り込まない

当然ですが、相手の話の終了を待たずに自分のタイミングで発言するのは避けましょう。

とはいえ、フルデュプレックスオーディオ機能が搭載されていれば、間違った内容の説明を途中で指摘することがスムーズにできるようになります。


機能を活かすためには相手側もフルデュプレックスオーディオ対応のスピーカーを使用する必要がある

全ての拠点のスピーカーフォンでフルデュプレックス対応のスピーカーフォンでなければ、機能を活用することができません

例えば3拠点でそれぞれ会議をする場合、2拠点でフルデュプレックスオーディオに対応していないスピーカーを使用している場合には、「話す」「聴く」を普段のWeb会議通り相手が発言しているかどうかを意識する必要があります。


音響エコーキャンセラー(AES)

出典:Amazon

音響エコーとは、自分(A)が話した声が、自分(A)のスピーカーから聞こえてしまう現象です。

これは相手側(B)のスピーカーから発せられた声が再度相手側(B)のマイクで集音し、自分(A)の方へ音を送り返すことが原因になります。

音響エコーキャンセラーは、このような音の跳ね返りや回り込み(ハウリング)を防止する機能です。


Jabra Speak 750のみではなく710にも同様の機能(DSP=Digital Signal Processing/デジタル信号処理)は搭載していますが、AES機能有りと謳っているのはJabra Speak 750のみになります。

Jabra Speak 710に関してはこちらの記事で詳細レビューを掲載しているため参考にしてください。


Jabra Speak 710 vs 750 まとめ

Jabra Speak 710 vs 750

この記事ではJabra Speak 710と750の機能比較を行いました。

基本スペック、Blootoothプロファイルも同等の機種ではありますが、「フルデュプレックスオーディオ」「音響エコーキャンセラー(AES)」はJabra Speak 750にしか無い機能となります。


Jabra Speak 710とJabra Speak 750で価格差はそこまで大きくない(メーカー販売価格で4000円の差)ですが、購入を迷っている場合は上記の機能が必要かを検討してから購入するようにしましょう。

「フルデュプレックスオーディオ」「音響エコーキャンセラー」「少しでも良い音質を求めている」場合はJabra Speak 750を選ぶことをおすすめします。


Speak 710がおすすめ
Speak 750がおすすめ
  • 無線モデルが良い
  • そこまで高機能でなくても良い
  • そこそこの音質があれば良い
  • 無線モデルが良い
  • 高機能モデルが良い
  • Jabraでも最高音質のモデルがいい


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次