【SONY RMT-P1BT レビュー】無線接続で遠隔操作|機能性・携帯性に優れた純正リモーコマンダー

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事では、SONYから発売されている純正リモートコマンダーのRMT-P1BTを紹介しています。

カメラを直接操作せずに撮影する方法はいくつかありますが、安定性・快適性を考えると最もおすすめできるのがリモートコマンダー(RMT-P1BT)となります。

Creator’s Appをスマホにインストールしてカメラと接続することでリモート撮影可能ですが、利用環境によっては頻繁に接続が切れたりアプリが固まります。

安定性を求める場合はリモート撮影専用機器がおすすめで、かつ屋外で撮影したい、自撮りなどカメラから離れた場所から撮影したい場合は無線接続できるモデルがおすすめです。

ソニー(SONY)
¥6,436 (2024/04/15 09:00時点 | Amazon調べ)
目次

SONY RMT-P1BTの基本性能

SONY RMT-P1BTの基本性能一覧
  • 無線(Bluetooth)接続
  • リモコン操作のレスポンスが早い
  • 防塵・防滴、高温・低温に配慮した設計
  • 軽量・コンパクト設計
  • ボタン半押し(ピント合わせ)可能
  • ズーム・フォーカス操作可能
  • スチル/ムービー撮影に対応
スクロールできます
項目SONY ECM-B10
サイズ縦116.5 × 横33 × 厚さ15.1mm
重さ約35g(電池含まず)
付属品リチウムコイン電池(CR2032)
公式価格8,470(税込/2023年8月時点)

ボタン電池を採用することで小型化を実現しています。また防塵・防滴設計のため太陽光の下や水辺でも安心して使用することができます。

SONY RMT-P1BTの外観と操作性

出典:SONY公式

リモコン表面には5つのボタンとLEDランプが設置されています。

中央のレリーズ/RECボタンは半押し可能なためAFに対応しています。

バルブ撮影にも対応しています。カメラ側でバルブモードに設定しておくことで、開始と終了時にレリーズボタンを一回ずつ押すことで撮影可能です。

AF-ON,C1ボタン

AF-ON,C1ボタンを使用することができ、カメラ側で機能を割り当てておくことで設定を呼び出すことができます。

私の場合はAF-ONにAPS-Cモードを割り当てることで擬似1.5倍ズームにしています。

MOVIE/STILL

動画と静止画を切り替えることができます。

動画を撮影したいときはMOVIEに、静止画を撮影したいときはSTILL側に切り替えて使います。

カメラ側の設定が静止画になっていてもリモコン側でMOVIEにしてRECボタンを押すと動画撮影可能です。

ZOOM/FOCUS

ZOOM/FOCUSを切り替えた後は「+」「−」ボタンで操作することができます。ただし、ZOOM操作は通常のズームレンズでは操作できないなど制約があります。

ZOOM操作条件
  • パワーズームレンズであれば操作可能
  • RAWデータ撮影時は操作できない

フォーカスモードであればリモコン操作可能なため、使い勝手がよくなります。Creators’ Appのアプリと連動させることで、リモートでもスマホ画面でピントを確認しながらフォーマスポイントの調整ができます。

FOCUS操作条件
  • カメラ側でマニュアルフォーカスモードを選択

残念な点として、Creators’ Appの接続性が改善するわけでは無いため、相変わらず切断されることは多いです。

あわせて読みたい
iPad Pro テザー撮影方法|Wi-fi接続で外部モニター利用を検証 iPadは遊び・勉強・仕事・クリエイティブとさまざまな用途に使える万能タブレットになりますが、この記事ではカメラと接続するテザー撮影(カメラを遠隔操作・リアルタ...

LOCK

LOCKしていないとカメラと接続されっぱなしになり、誤動作の原因にもなります。収納するときや移動するときはLOCKをする癖をつけるようにしています。

その他

背面には溝があります。グリップが効いて持ちやすく疲れにくい。

底面はストラップをつけられるようになっていて、カラビナなどでカバンに取り付けることができます。

SONY RMT-P1BTを使用した感想

スマホアプリでリモート撮影するのとは異なり、レスポンスが早く安定して動作するため気に入っています。

ただし撮影時の画面は当然ながら確認が難しいです。個人の視力にもよりますが、バリアングルモニターであれば画角やどこにフォーカスがあたっているかはある程度確認できます。

距離が遠い場合でも慣れれば勘で撮れますが、スマホで画面を確認しながら撮影も可能です。

SONY RMT-P1BTを使用した感想

SONYカメラでレリーズ撮影をするならベストな選択

  • カメラとの接続、操作レスポンスが早い
  • 安定した接続の安心感(電池切以外で断無し)
  • コンパクトで持ち運びに嵩張らない
  • 電池の消費は少し大きい
  • ピント確認が難しい

SONY RMT-P1BT レビュー  まとめ

SONY RMT-P1BTについて紹介してきました。

SONYカメラでレリーズ撮影をするならベストな選択であるため、機能性や使い勝手の良いリモートコマンダーを探している方におすすめです。

純正のためリモートコマンダーとしての価格は高いですが、満足のいく撮影ライフになること間違いなしです。

ソニー(SONY)
¥6,436 (2024/04/15 09:00時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次