Jabra Speak 410 vs 510【Jabra Speak 比較と選び方】

Jabra Speakは、Jabraから発売されているスピーカーフォンシリーズです。

スピーカーフォンは集音マイクとスピーカーが一体型となっている機器で、普段利用・仕事利用と幅広く利用することができます。

企業で導入されているイメージが強いですが、昨今ではリモートワークやテレワーク、在宅ワークが広く普及している影響もあり、個人需要が上昇しています。

さまざまなメーカーから多くの種類が発売されているスピーカーフォンですが、その中でもJabra製品は購入者の評価が総じて高いメーカーとなります。
企業での導入が多いことも特徴で、信頼性の高い製品となります。


Jabraから販売されているスピーカーフォンにはJabra Speak 410、510、710、750、810の5種類が存在します。(数字が上がるほど値段・機能・音質が向上)

Jabraは1869年創業のデンマークに本社がある企業ですが、世界30か国以上にオフィスを持ち、100か国以上で製品を販売している「補聴器および音響機器の製造販売」を行っているメーカーです。


この記事では、Jabraから発売されているモデルの中でも人気があるJabra Speak 510と下位モデルであるJabra Speak 410について、スペックを中心に比較内容をまとめています。


記事の内容
  • Jabra Speak 410と510の基本スペック、オーディオ性能の比較
  • Jabra Speak 510にしかない特徴
目次

基本スペックを比較

左:Jabra Speak 510、右:Jabra Speak 410

外観はほとんど同じですが、メーカ価格で4,400円の差があります。

機能としては大きく異なり、「重さ」「充電式」「ワイヤレス対応」の3つになります。

重さに関しては、Jabra Speak 510が100g程重い値となりますが、これはバッテリーの重さになります。Jabra Speak 510であればバッテリーで動作することができますが、Jabra Speak 410は常にUSBからの給電が必要になります。


ワイヤレス対応についてはJabra Speak 510のみ対応しています。

Bluetoothレシーバーが付属している型番と付属していない型番が存在しますが、Jabra正規品のアダプターを利用することで安定した通信を実現することができます。


▼ Jaba Speak 410 、510の基本スペック比較表

Jabra Speak 410Jabra Speak 510
外観
メーカー価格(税抜き)19,80024,200
重さ(g)180.3195
バッテリー持続(時間)バッテリー無15
マイクタイプ無指向性無指向性
ワイヤレス動作範囲(m)ワイヤレス非対応30
充電時間バッテリー無3時間
会議人数(最大)46
Bluetoothワイヤレス非対応3.0
接続性USB-AUSB-A、
Bluetooth
音声ガイダンス有り有り
通話と音楽のコントロール×
認定UCモデル:Alcatel-Lucent,Avaya,
Cisco,Microsoft,Unify
MSモデル:MS Teams,Skype   
UCモデル:Alcatel-Lucent,Avaya,
Cisco,Microsoft,Unify
MSモデル:MS Teams,Skype
Jabra Speak 410,510比較表

Jabra Speak 510はバッテリー駆動、ワイヤレス対応

Jabra Speak 510はワイヤレス・バッテリー駆動に対応しているモデルになります。

ワイヤレスに対応していることのメリットは、USB端子が無いモバイル(スマートフォン・タブレット)と接続することができることです。

Jabra Speak 410はUSB接続にのみ対応しているため、接続できるのはパソコンのみになります。


バッテリー駆動も便利な特徴になります。持ち運び容易になり、ワイヤレス接続とあわせてモバイルとの接続が可能になります。


Jabraの認定について解説

認定欄を確認するとJabra Speak 710には「MS Teams」「Skype」など記載がありますが、認定されていない場合でも問題なく使用できます。

認定アプリケーションを使用する場合に最適化しているため、MS Teamsをメインの会議ツールとして利用する場合はMSモデルを選ぶようにしましょう。


個人所有でUCモデルを使用していますが、以下のアプリケーションについては問題なく利用することが確認できています。

  • MS Teams
  • Skype
  • Zoom
  • WebEx Teams
  • Cisco WebEX Meeting
  • Google Meet
  • Line通話(Android,MacOX)
  • スマートフォンでの通常通話


スピーカーフォンはオーディオ機器であるため、パソコンやスマートフォンと接続して音が出力されない・マイク利用で相手に声が聞こえないなどの症状がでれば初期不良の可能性やパソコン、スマートフォン、相手側の機器を疑いましょう。

認定されていないからと言ってそのアプリは利用できないということはありません。

MSモデルの特徴

・MS 対応機種をデフォルトの通信デバイスとして自動的に選択。

・Microsoft Teams の LED 通知を Jabra デバイス上で見ることができます。

・Jabra デバイスの専用の Microsoft Teams ボタンにより、コンピュータ上の Microsoft Teams とデバイスとの間の操作が可能になります。

・複数の MS デバイスがある場合は、着信通話の応答に使用されていたデバイスに対し優先してオーディオが送信されます。

引用元:Jabra


Jabra Speak 410と510の共通点

左:Jabra Speak 510、右:Jabra Speak 410

基本的な機能に差はなく、以下の共通点があります。

  • 無指向性マイク
  • エコーキャンセラー
  • デジタル信号処理(DSP)
  • ワイドバンドオーディオ/HD音声

それぞれの機能の詳細は以下になります。

無指向性マイク
360度から集音します。
※Jabra Speak 710では510と比較してグレードアップしています。
High performing Omnidirectional microphone:高性能全方向性マイク

エコーキャンセラー
360 度/1 メートルの対応範囲の内蔵のエコーキャンセラーハウリングを防止します。

デジタル信号処理(DSP)テクノロジー
=エコー/ノイズキャンセリング。最大音量レベルでもエコーの発生や音のゆがみを抑えたクリアなサウンドにします。

ワイドバンドオーディオ/HD音声
=音声を高音質に出力します。


Jabra Speak 510にしかない特徴

出典:Amazon

基本的な機能は同じ(公式のデータシート上のオーディオスペックは同等)になるため、最大の特徴は「ワイヤレス接続」「バッテリー内蔵」ということになります。

持ち運びを考えている場合やモバイルでの使用を考えている場合はJabra Speak 510一択になります。


Jaba Speak 410 vs 510 まとめ

左:Jabra Speak 510、右:Jabra Speak 410

この記事ではJabra Speak 410と510の機能比較を行いました。

2つとも高性能なスピーカーフォンでありますが、利用できる範囲が広いことからJabra Speak 510が上位機器であることは明確です。

どちらを選んだ方が良いのかは使用する目的や予算によって変わりますが、以下のような基準になります。

Jabra Speak 410
_Jabra Speak 510
  • Web会議の通話目的で使用
  • ワイヤレス接続は不要
  • 利用する時はパソコンに必ず接続することを苦に思わない
  • Web会議の通話目的で使用
  • ワイヤレス接続を行いたい
  • USB接続していない状態でも利用したい
  • スマホやタブレットと接続したい


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次