【20選】2022年に買ってよかったモノまとめ【ガジェット系テレワークブロガー】

2022年はApple製品、Sony製品を中心に多くのデバイスを購入してきました。また、テレワークを快適にするオフィスチェアや、キーボード・マウスといったガジェット類を購入するなど散財を繰り返してきました。

この記事では、その中でも「生活を豊かにする」「所有欲を満たしてくれる」「仕事を効率化する」ことを軸に、購入してよかっったものをジャンル別に紹介していきます。

本記事がなにかを購入する際の参考になれば嬉しいです。

目次

スマホ・パソコン/周辺機器(テレワーク以外)で買ってよかったもの

iPhone 14 Pro

買い換える前まではiPhone 11 Proでしたが、3年経つので買い替えました。

iPhone 11 Proは5.8インチですが、14 Proは6.1インチ。この0.3インチが絶妙でちょうどいい大きさです。

カメラ性能も向上しており、RAWで撮影することもできます。残念ながら充電端子はLightningなのでType-cになるiPhone 15が発売されたら確実に変えます。

驚くほどの性能進化はなかったのですが、最新iPhoneは所有欲を満たしてくれる最高のスマートフォンです。

12.9インチ iPad Pro(M1/2021)+Apple Pencil(第2世代)

主に動画鑑賞、勉強、電子書籍用です。12.9インチモデルを選んだのは以下の理由からです。

  • 市販の漫画本の見開きサイズとほぼ同じなため
  • Split View(スプリットビュー)機能でブラウジングしながらノートに文字を書ける大きさ

ノートアプリはGood Notes 5をインストールしています。使い勝手がとても良く、紙で勉強をしなくなりました。また、WiFi環境があればWebにも接続できるため、Web問題集もカフェで解くことができます。

勉強には最適で習慣化することにもつながりました。

勉強やイラストを描く場合はApple Pencilは必須です。

AirPods Pro(第2世代)

Jabra Elite 85tから買い替えです。

ノイズキャンセル性能、音質、マイク性能が高く、特にApple製品と接続製が高いところが大きな特徴です。

ガジェット類をApple製品で統一してる場合は非常におすすめできます。

SanDisk SSD

パソコンの外部ストレージ用で、持ち運びができるサイズ感で防滴防塵加工のSSDです。

パスワード保護ができるため万が無くした場合でもデータを保護できます。

Bose SoundLink Flex

高音質・ウーハーが効いてるコンパクトワイヤレススピーカーを探していて購入しています。

防水加工でお風呂場でも利用できます。

テレワーク・仕事・業務効率化で買ってよかったもの

エルゴヒューマン スマート

テレワークをする上で特に重要なのが「デスク」と「チェア」になります。

デスクは山善製の電動昇降デスクを利用していますが、座る時間の方が長いためオフィスチェアを新調しました。高級オフィスチェアとまではいかないですが、それらに匹敵する座り心地・機能性を10万円以下で得ることができます。

フルメッシュのオフィスチェアを探している方はエルゴヒューマン スマートがおすすめ。

ロジクール Signature M750

業務端末と個人用端末を1つのマウスで操作するために購入しています。

ロジクール Signature M750を選んだのは以下の理由からです。

  • 手に馴染み疲れにくいデザイン
  • 静音設計でクリック音がほぼ無音
  • 3端末まで即時に切り替えができる
  • 白基調のデザイン

通常のマウスでも操作性は問題無いのですが、静音マウスであればテレワークに多いWeb会議でも音を気にせずマウスをクリックすることができます。

ロジクール MX KEYS mini KX700PG

業務端末と個人用端末を1つのキーボードで操作するために購入しています。

ロジクール MX KEYS mini KX700PGを選んだのは以下の理由からです。

  • コンパクトでスペースを取らない
  • 軽快なキーストロークで疲れない
  • バッテリー式で充電ケーブル・電池交換不要
  • 3端末まで即時に切り替えができる
  • 白基調のデザイン

Anker PowerPort III 2-Port 100W

100Wまで充電できるため、パソコン+スマホを同時に充電することができます。

パナソニック 浄水器 TK-CJ23H

テレワーク中の水分補給のために購入しました。

購入するまではミネラルウォーターを購入していたのですが、月に2,000〜4,000円ほどかかるため結構な出費になっていました。浄水器であれば1Lあたり約4.3円になるため、ランニングコストが圧倒的に安くなります。

浄水器は国内外からいろいろなモデルが発売されていますが、評判が高く除去対象物質が多いパナソニック製を選びましたが、味もあっさりしていて正解でした。

ラッキーミックスナッツ

テレワーク中の間食用で購入しました。テレワーク中は周りの目もなく、口が寂しくなることも多々あります。

チョコやクッキーなど甘いものを正直食べたくなるのですが、それだと健康に非常に悪いので控えるようにしています。栄養価が高く、少量でも満足のできるナッツ類はテレワークのお供として非常におすすめです。

おすすめは自然の館から発売されている4種のミックスナッツ。有塩・無塩から選ぶことができ、コスパも良く美味しいです。

NORDISK アウトドア マグカップ

ノルディスクはキャンパーに知られているブランドで、デンマークのアウトドアブランドになります。

キャンプでも利用できる、軽くて丈夫なチタン製のマグカップを購入してテレワーク中の水分補給に使っています。

450mlの大容量でありながらもダブルウォール仕様(二層構造)であるため、飲み物のの温度変化を最小限にすることができます。

ノルディスクのマグカップは値段が高いので、安価なダブルウォール構造のカップが欲しい場合はサーモス製がおすすめです。

ドクターペッパー 350ml缶

シュタインズゲートを観たことがある方なら一度は飲んだことがあるであろう「選ばれし者の知的飲料」ドクペ。

ネタ枠というわけではなく、一年に一度は350ml缶を箱買いしてます。

ものすごく美味しい訳でもなく、体に良い訳でも無い(清涼飲料水なので)ため毎日飲みたい!とはならないのですが、周期的に飲みたいと思わせる魅力があります。

20種類以上のフルーツフレーバーを使用しているようですが正直味はよくわかりません。杏仁豆腐のような感じです。正直万人ウケはしないので人におすすめはあまりできませんが興味ある方は是非。

観葉植物

少しの安らぎのためにイオンの店で1,000円程で購入しました。購入したのはゴムの木で、乾燥に強く育てやすい特徴を持ちます。花言葉は永久の幸せ。

卓上の観葉植物を購入した理由は「気休めでもいいからストレスを軽減したい」ためです。

購入の際は卓上が汚れない、手入れが簡単な植物を選ぶことをおすすめします。

カメラ・写真関係で買ってよかったもの

Sony α7Ⅳ(ILCE-7M4)

ブログ、旅行、ストックフォトのために写真を撮影しています。

趣味が写真ではなく、欲しい写真を撮りたいために一眼レフを購入してます。

ソニーを選んだのはメーカーとして好きなのと、コンパクトな形状、デザインが好みだからです。

Sony FE 35mm F1.4 GM(SEL35F14GM)

ブツ撮り・旅行・ストックフォトの写真撮影用のレンズです。

35mmのため被写体の形状を正確に写すことは難しいですが、背景ボケのある写真を撮りたい時に使用してます。

Sony FE 24-105mm F4 G OSS(SEL24105G)

特にブツ撮り用のレンズです。

発売から5年が経過していますが、未だに人気のレンズです。

24mmの広角から105mmまでの中望遠まで撮影できるため、ブツ撮りに重宝しています。

Sony HVL-F28RM

ブツ撮り用のために購入したフラッシュです。

2つ以上組み合わせることで、1つはカメラに装着・もう一つは被写体の裏側に独立設置し、ワイヤレス通信で発光させることができます。

角度や光量を調整することができるため便利ですが、純正なので高いのがネックです。

キングストン SDXCカード

カメラ用のSDカードとしてキングストンのSDXCカードを購入しています。

最大300MB/sの高速通信に加え、耐水・耐熱・耐寒・耐衝撃性といったデータ保護性能を持ち、さらに製品寿命期間の保証もあるため安心して利用することができます。

パナソニック エネループ スタンダードモデル・急速充電器

主にSony HVL-F28RM(フラッシュ)を使うために購入しています。

フラッシュは電池の消費が激しいので、通常の電池だと電池のランニングコストが高くなります。パナソニックのエネループであれば繰り返しで2100回充電ができ、電池の費用を抑えることができます。

急速充電器とスタンダードモデルのエネループの組み合わせでは4本フル充電まで約3時間で充電することができます。

おすすめできるモノは溢れているが散財はほどほどに

この記事では2022年に購入した買ってよかったモノを分類別に紹介してきました。

Apple製品やSony製品など有名メーカーのガジェットが中心となりましたが、人気製品は機能性や所有欲を満たしてくれるなど、それなりの理由があります。

正直今年は金額の高い製品購入の割合が高く、それに紐付き周辺機器も買い足しているため散財しすぎた感がありますが、今後も散財を続けて製品レビューやおすすめ品を紹介していきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次