【ロジクール MX ANYWHERE 3S MX1800GR レビュー】コンパクト・静音設計の高級マウス

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ロジクール MX ANYWHERE 3S MX1800は、コンパクトかつ静音設計で高機能な高級マウスとなります。

ロジクールはこれまでも静音マウスを発売していますが、高級マウスのラインナップ(ロジクール用語でハイパフォーマンスマウス)ではMX MASTER 3Sのみでした。

ハイパフォーマンスマウス、かつコンパクトサイズで静音設計マウスとして初登場

本記事では、待ちに待った高級コンパクト静音マウス「MX ANYWHERE 3S MX1800」についてレビューしていきます。

是非マウス選びの参考にしてください。

目次

MX ANYWHERE 3 for Mac / 通常版との違い

MX ANYWHERE 3S(静音仕様)、MX ANYWHERE 3(通常盤)、MX ANYWHERE 3 for Macを比較表にまとめています。

異なる部分としてはセンサーDPI・カラー・クリック音・付属品の4点

スクロールできます

MX ANYWHERE 3S MX1800PG

MX ANYWHERE 3 MX1700PG

MX ANYWHERE 3 for Mac MX1700M
カラーペイルグレー(MX1800PG)
グラファイト(MX1800GR)
ペイルグレー(MX1700PG)
グラファイト(MX1700GR)
ローズ(MX1700RO)
ペイルグレー(MX1700M)
寸法(縦 , 横 , 高さ)
/ 重量
10.05cm , 6.5m , 3.44cm / 99g同左同左
センサーDarkfield (200~8000dpi)Darkfield (200~4000dpi)同左
接続方法Unifying-USB
Bluetooth
Unifying-USB
Bluetooth
Bluetooth
ボタン6つ
左/右クリック、戻る/進む
ホイール モードシフト、ミドルクリック)
同左同左
マウスクリック音静音未対応未対応
MagSpeed
電磁気スクロール
あり
自動切替機能付き
同左同左
水平スクロールホイールあり
サイドボタンを推しながらホイール操作
同左同左
電池 / 電池寿命充電式Li-Poバッテリー(500mAh)
1回のフル充電で最大70日使用可能
1分間の急速充電で3時間使用可能
同左同左
充電端子USB-C同左同左
付属品USB-C – USB-A ケーブルUSB-C – USB-A ケーブル
Unifyingレシーバー
USB-C – USB – C ケーブル
対応OSWindows 10以降
macOS 11以降
Chrome OS
iPad OS 14以降
Android 9.0以降
Windows 10 以降
macOS 10.15 以降
iPadOS 13.4 以降
Chrome OS
Linux
同左
保証期間2年無償保証同左同左
製品の比較

違い①:センサーDPI

MX ANYWHERE 3S MX1800シリーズは最大8,000DPIまで設定することができ、通常仕様のマウスよりもより高速にマウスカーソルを操作することができます。

DPI(Dots Per Inchi)

DPIはマウスを1インチ動かした時にマウスポインターがどれだけ動くかを表す値になります。8,000DPIであれば、マウスを1インチ動かすと8,000ドット分動きます。

8,000DPIは画素数が多い8Kモニタを利用している場合特に有効です。

FHDモニタや4Kモニタではカーソルの動きが早過ぎて制御するのが難しくなります。

違い②:カラーラインナップ

MX ANYWHERE 3S (静音仕様)のカラーはペイルグレー・グラファイトの2色展開となります。可愛らしいデザインのローズはラインナップから除かれました。

通常版であればペイルグレー、グラファイト、ローズの3色展開

違い③:クリック音

こちらが最大の違いとなります。MX ANYWHERE 3シリーズのコンパクトさに加え、静音仕様が加わることで「自宅」「オフィス」の両方で簡単に持ち運びができるようになります。

クリック音の削減は自分・周囲のストレス削減につながります。

以下の動画でボタン操作のクリック音を紹介していますので参考にしてください。

違い④:付属品

MX ANYWHERE 3S MX1800シリーズの付属品はUSB C-Aケーブルのみです。1つ前のモデルである通常盤であればUSB C-Aのケーブルとレシーバーが付属しています。

充電端子はUSB-Cなので付属品の充電ケーブルを使わずとも他のケーブルで代用できますが、レシーバーを使用して接続したい場合は別途購入する必要があります。

Logi Bolt USBレシーバー接続はBluetooth接続よりも安定性が少し高くなります。他のレシーバーには対応していないため注意してください。

Logicool(ロジクール)
¥1,588 (2024/04/13 15:29時点 | Amazon調べ)

MX ANYWHERE 3S MX1800GRの特徴

MX ANYWHERE 3 の特徴
  • MagSpeed電磁気スクロール
  • ガラス面でもトラッキング可能
  • 優れたデザインと操作性
  • マルデバイス・マルチOS対応

MagSpeed電磁気スクロール

MagSpeed電磁気スクロールはロジクールが開発したスクロールホイール技術です。

高速スクロールが可能ながら精密なスクロールも可能であり、それでいて動作も静かでストレスなく使用することができます。

MagSpeed電磁気スクロールは、1ピクセル上で停止できるほど精確で、1秒に1,000行スクロールできるほど高速。また、非常に静か。 
ホイールの機械加工されたスチールは、ノイズなしに、優れた触知性と、動的な慣性の感触を提供します。

引用:ロジクール

ガラス面でもトラッキング可能

ガラス面を含めて、どのどこでもトラッキングすることができます。デスクだけでなく、ソファの上や太ももの上でも操作でき、外出先のカフェでもマウスパッド無しで使用可能で便利です。

ガラス面で使用する場合、ガラスの厚みは最低4mm必要です。

優れたデザインと操作性

MX Anywhere 3Sはデザインが良く、また高級感のあるデザインであるため所有欲を満たしてくれます。

機械加工スチール製スクロールホイールに加え、つかみやすく操作性が落ないシリコーンサイドグリップを採用しています。

ペイルグレーはグリップ部分白色となるため、経年劣化や手汗による変色が発生しやすくなります。こまめに掃除するのが手間だと感じる人はグラファイトを選択した方が無難です。

マルデバイス・マルチOS対応

最大3台のデバイスを登録することができ、背面のボタンを押して接続先のデバイスを簡単に切り替えることができます。また、Windows、macOS、iPadOS、Chrome OS 、Android OSで利用することができます。

Flowにも対応

Flow対応のMX Anywhere 3を使ってカーソルを画面の端まで移動させるだけで、複数のパソコンをシームレスにコントロール。MX Anywhere 3は、WindowsとmacOSオペレーティングシステム間でも流れるように移動します。

パソコン間でテキスト、画像、およびファイルを簡単に転送 – 1台でコピーして、もう1台で貼り付けるだけ。

引用:ロジクール公式

MX ANYWHERE 3S MX1800GR / 通常版の選び方

比較結果、異なる部分としてはセンサーDPI・カラー・クリック音・付属品の4点となります。通常版だとUnifyingレシーバーが付属している分お得でカラー展開も豊富です。

静音仕様は不要、DPIも現在のままで満足しているという人は無理にMX1700から買い替える必要はありません。

機能面・付属品に差がありますが、静音・高DPIが必要な場合はMX ANYWHERE 3S MX1800、そうでない場合はレシーバーが付属している通常版がおすすめです。

MX ANYWHERE 3 MX1800MX ANYWHERE 3 MX1700
静音マウスを探している
DPI4000以上のマウスを探している
Windows/Macで利用可能
クリック音があっても問題ない
Unifyingレシーバーもセットで欲しい
Windows/Macで利用可能

MX ANYWHERE 3S MX1800GR レビューまとめ

MX ANYWHERE 3S MX1800のレビューを行いました。

マウス自体は優れたデザイン性と機能性があるため非常におすすめです。特に「高級(多機能)」「静音」「高DPI」は前モデルから進化している部分が多くあります。

あわせて読みたい
【ロジクール MX ANYWHERE 3 for Mac レビュー】Windows版との違いを比較しながら解説|選び方もあわせ... ロジクール MX ANYWHERE 3 for Macは名前の通りMac製品での利用を想定してデザインされています。ただ、Bluetoothは近距離無線通信規格の1つであり、共通技術なのでWind...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次